マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

デンタルIQ

2018.05.21

もっと歯のことを知りましょう

次の質問にYesと思ったら✔︎を付けてください。

◻️ 歯医者は歯が痛くなった時に行くところだと思う
◻️ 虫歯も歯を磨いていれば自然に治ることもある
◻️ 歯を磨くと血が出たが、歯ブラシで強くこすり過ぎたと思って気にしない
◻️ 「白くなる」と宣伝している歯磨き剤で一生懸命歯を磨くと白くなる
◻️ 歯の被せ物に銀色のものや白いものがあるが、色が違う以外に特に差はない
◻️ 歯並びが悪いのは気にならないし、悪くても歯の健康には関係ない
◻️ 歯ぎしりをしても歯の健康には関係ない
◻️ 歯磨きの時間は1分以内だ
◻️ 虫歯の治療を始めたが痛みが治まったので、通院を止めたことがある
◻️ 歯石が沢山付いていても、虫歯がなければ歯医者に行く必要はない



✔︎マークの数 0−2 歯の健康に関心をお持ちです。ケアをこれからも続けてください 3-4  歯の知識は十分とは言えません。もっと関心をお持ちください 5以上 歯の健康維持に問題があります。将来、歯の多くを失う可能性があります。

歯の健康維持には歯と歯茎への正しい理解から


歯に対する知識をデンタルIQと呼ぶことがあります。デンタルIQなどという言葉を使うのは歯科関係者がほとんどで、少し上から目線のようにも思えますが、歯の健康を守るためにはある程度の知識を常識として持っている必要があります。

日本は健康保険制度が完備しており、諸外国には珍しく歯の治療も健康保険で行えます。これはもちろん良いことなのですが、「歯医者は歯が痛くなってから行けばよい」という人が増えてしまったのも事実です。

実際には、虫歯治療は初期の段階では痛みません(痛くない虫歯治療あります)し、日本人が歯を失う一番大きな原因は痛みを感じにくい歯周病です(歯周病はサイレントキラーです)。歯石を取る大切さも必ずしも浸透していません(歯石を取りましょう

デンタルIQは歯や歯茎に対する知識だけではなく、歯の健康の大切さを理解するということです。そしてデンタルIQを高めるにはまずは歯科医院で受診して自分の歯と歯茎の状態を知ることです。時々「こんな口の中見せられない」とか「歯医者さんに怒られる」と言って受診を避ける方もいます。「怒る」というのはどうかと思いますが、歯医者が「なぜこんなになるまで」と思うことが多いのも事実です。どうかそんなことにならないように、もっとデンタルIQを高めましょう!