マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

虫歯のなりやすさは3歳までに決まります

2018.05.13

3歳まで虫歯菌の感染を防ぎましょう


虫歯は虫歯菌が起こします。つまり虫歯は虫歯菌という細菌による感染症です。虫歯は虫歯菌が食事に含まれる糖分を分解し酸性の物質を作り歯を溶かすことで発生します。口の中に虫歯菌が無ければ虫歯になることはありません。そして口の中に虫歯菌が住み着いてしまうかどうかは2歳半、少なくとも3際までにきまってしまいます。3歳まで虫歯菌の感染を防ぐことができれば、一生虫歯にならない、あるいは非常に虫歯になりにくい口腔内環境を作ることができます。

なぜ、3歳まで虫歯菌の感染を防ぐことができればよいのでしょう。口の中には虫歯菌以外にも沢山の細菌があります。そして虫歯菌がその中でどの程度の割合を占めるかは大体2歳半ごろには決まってしまいます。つまり、虫歯菌が口の中にいても3歳頃まで虫歯菌が沢山入り込み、口の中の細菌群で高い割合になることを防ぐことができれば、虫歯になる可能性がとても小さくなるのです。

生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯菌はいません。赤ちゃんに虫歯菌をうつすのは、ほとんどがご両親です。ご両親が3歳まで注意して虫歯菌の感染をしないように努力するば、その後は口の中の細菌のバランスは安定して虫歯菌の割合が高くなることはなくなります。ではどうすれば虫歯菌の感染を防ぐことができるのでしょうか。

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいない


まず最初にご両親の口の中の虫歯菌を減らしておくことが大切です。ご両親が虫歯がなくし、歯磨きをていねいに行い、定期的な歯石取りを行う。これは自分のためにも良いことですが、ご両親が日頃、良い口腔内環境を維持するように心がけることで、ご両親の虫歯菌の量が減り、ひいては虫歯菌の感染リスクを小さくすることになります。

次に注意しなければいけないことは、虫歯菌の感染する機会を減らすことです。可愛い赤ちゃんにはついキスをしてしまいたくなりますが、それは虫歯菌感染のリスクにつながります。唾液が赤ちゃんの口の中に入らないように、頬ずりのようなスキンシップで赤ちゃん(繰り返しますが3歳ごろまでの幼児を含みます)に接しましょう。

一番気を付けなければなrないのは食事です。口移しはもちろん、食器の共用は虫歯菌感染の原因になります。お皿やスプーンなどの食器はお子さんのものにご両親の唾液が付着しないように避けましょう。

食器の共用には気をつけましょう


赤ちゃんに糖分の多い食事をさせないように注意も必要です。糖分は虫歯菌を爆発的に増殖させます。虫歯菌の侵入を完全に防げなくても、虫歯菌の増殖を抑えることができれば、口腔内の虫歯菌の割合が大きくなることは防止できます。母乳も糖分が多いので、1歳過ぎには母乳を与えるのは気を付けた方が無難です。特に、夜泣きで母乳を与えてそのまま赤ちゃんが眠ってしまうと虫歯菌の増殖する機会を与えてしまいます。

お母さんがキシリトールガムを食べることも有効です。虫歯菌の感染は極端に神経質になるより、リスクを最小化することを心がけましょう。一度口の中に入った虫歯菌を糖分で増殖させないように、お母さん、お父さんがキシリトールガムで口の中の虫歯菌の量を減らすことは、虫歯治療を行う、歯をきちんと磨くといったことと同様に効果があります。

虫歯菌の割合は2歳半から3歳の間に決まります。虫歯菌の割合を皆無ではなくても非常に小さくできれば、虫歯のリスクはほとんどなくなります。ちょっとした注意の積み重ねでそれは実現できます。虫歯にならない口腔内環境はお子さんに対するご両親の一生の素晴らしい贈り物です。頑張りましょう。

虫歯菌おない口腔内環境は一生の贈り物です


参照: 小児歯科虫歯治療