マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

症例集

HOME > 症例集 > 前歯(差し歯)の治療〜審美歯科(オールセラミック法)の症例【中野・高円寺・大久保・阿佐ヶ谷の歯医者さん】

前歯(差し歯)の治療〜審美歯科(オールセラミック法)の症例【中野・高円寺・大久保・阿佐ヶ谷の歯医者さん】

以前、他院にて左上前歯のセラミック治療を受けられた30代女性患者様の症例です。セラミックのかぶせ物の形や色に満足できず、当院に来院されました。
2

1診断の結果、顔の正中と上あごの前歯の正中のズレ、上下唇小帯のズレ、軽度のガミースマイル(笑ったときに歯ぐきが露出)が確認されました。

まず最初に、診断用ワックスアップを行います。この工程では、お口の型を取り、模型を作ります。その模型にワックス(ロウソクの様な物)で歯の形を作って行きます。
3
4
次に、模型をベースに作製したサージカルステント(マウスピースの様な物)をお口の中に装着して、歯肉を切開する箇所をマーキングします。
5
歯冠長延長術という治療法で、マーキングした左上前歯の歯肉を切開し、歯肉ラインを整えます。治療前と比べ、歯肉ラインが左右非対称になっていることが確認できます。
6

7
術後の経過も問題なかったので、最終補綴物を作るための仮歯(プロビジョナルレストレーション)を装着します。
8

9
仮歯による歯の色や形、適合を確認した後は、仮歯から最終補綴物(オールセラミックのかぶせ物)を装着して治療終了です。
10