マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

症例集

HOME > 症例集 > 咬合性外傷(前歯の破折)の治療〜インプラントの症例【中野・高円寺・大久保・阿佐ヶ谷の歯医者さん】

咬合性外傷(前歯の破折)の治療〜インプラントの症例【中野・高円寺・大久保・阿佐ヶ谷の歯医者さん】

自転車で転倒され、上あごの前歯に違和感があり、来院された患者様の症例です。

レントゲン撮影の結果、左上前歯の根っこが折れている(歯根破折)ことが判明しました。残念ながら、この状態では歯を抜く以外、方法がありません。患者様とよく相談した結果、インプラント治療を行うことになりました。
12
まずは、残せなくなった歯を丁寧に抜歯し、抜歯した箇所を綺麗に清掃します。抜歯後は、骨の吸収が進むため、人工骨で充填を行い、歯肉や仮歯で抜歯窩を閉鎖し、骨の吸収を防ぎます。専門用語では、ソケットプリザベーションといいます。
3
6ヶ月経過後、レントゲン撮影を行います。抜歯した箇所の骨状態は良好であることが確認できます。
4
5
これで、インプラント治療を行える状態になったので、手術前にCTシミュレーションによるインプラント埋入位置の測定を行います。手術の精度を高める上で必要不可欠な工程です。
6
埋入位置に基いて作製したガイド(マウスピースの様な物)を装着して、インプラント埋入手術を行います。
7
手術後、埋入位置を確認するため、CT撮影を行います。
8
半年後、インプラントと骨が結合していることを確認、歯茎を切開して、インプラントを露出させます。
9
仮歯で歯の形や色を調整し、最終補綴物(かぶせ物)を装着して治療終了です。
10