マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

症例集

HOME > 症例集 > 咬合性外傷(前歯の破折)の治療〜インプラントの症例【中野・高円寺・大久保・阿佐ヶ谷の歯医者さん】

咬合性外傷(前歯の破折)の治療〜インプラントの症例【中野・高円寺・大久保・阿佐ヶ谷の歯医者さん】

自転車で転倒して、左上の前歯が折れてしまった患者様の症例です。

初診の結果、インプラント治療を行うことになりました。インプラントは人口歯(インプラント体)を支える周囲の骨の量が一定水準であることが必要不可欠です。折れた歯を放置すると、骨の吸収が進んでしまい、インプラント治療自体が困難になるため、すぐに治療を開始することになりました。
1
2
当院のインプラント治療は患者様と最終ゴールを決めた上で、治療を進めていきます。最初に、診断用ワックスアップ(模型で完成形を再現)を行います。
3
CTデータに基づき、埋入位置のシミュレーションを行います。
4

埋入位置を記憶したガイドを装着して、インプラントを埋入します。ここで一次手術は終了です。
5
歯茎を閉じてインプラントと骨が結合するまで、3~6ヶ月かかります。
8
結合を確認後、もう一度歯茎を切開し、上部構造(かぶせ物)を装着して治療終了となります。
9
10