マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

歯科ドック

HOME > 歯科ドック

治す歯科治療から予防する歯科治療へ マナミ歯科クリニックの歯科ドック

<口腔内環境を改善することが歯のトラブルを予防します>

歯医者は痛くなって行くところ、まだそうお考えの方は沢山います。もちろん、虫歯が痛んだり、歯周病で出血があった時に治療は必要です。しかし、歯医者は「悪くなったところを治療する」ためだけにあるわけではありません。予防のために行う歯科治療は口腔内の環境を改善し、虫歯になりにくい、歯周病になりにくい歯と歯茎を作ります。

口腔内には700種類、1千億個以上の細菌があります。虫歯も歯周病もその細菌が起こす歯と歯茎の病気です。例えば虫歯はミュータンス菌が糖分を酸性の物質に変えてエナメル質を溶かすことで起きます。また、歯周病はP.g.菌、T.f.菌などの原因菌が歯と歯茎の間から侵入して歯茎に炎症を起こす病気です。

しかし、すべての細菌が害を引き起こすわけではありません。口腔内は善玉菌、悪玉菌と日和見菌がいる細菌の花園、つまり口腔内フローラなのです。そして日和見菌は文字通り強い側につく日和見主義者です。口腔内を善玉菌が支配すれば、日和見菌は善玉菌に、悪玉菌が支配すれば、悪玉菌になってしまいます。歯科ドックは口腔内フローラを善玉菌が支配するためにお口の中の環境を改善します。

口腔内環境を調べて一人一人にマッチした治療

歯科ドックではまず、口腔内の状況を詳しく調べます。
レントゲンで歯の状態を調べ、さらに唾液検査、口臭検査を行うことで口腔内フローラの状況を知ります。
検査結果は数値化され、現在の口腔内の環境を調べ、改善の方向に向かっているかどうかを知ることができます。

口腔内環境を左右する細菌だけではありません。
唾液が酸性、アルカリ性どちらにかたむいているかは虫歯、歯周病のなりやすいさに大きく関係します。
口臭も虫歯、歯周病、細菌と食物が下にこびりつく舌苔(ぜったい)など原因によって治療法は違います。

歯科ドックでは最初に唾液、口臭を分析することで、一人一人に最適な予防や治療が可能になるのです。

記録することが継続的な改善につながります

歯科ドックでは、唾液、口臭などのデータだけでなく、レントゲン写真、口腔内写真など様々なデータを採取記録します。
口腔内内写真は高性能のカメラにより、歯茎や歯の色や状態を正確に記録するだけでなく、
視覚化された情報で患者様とドクター、歯科衛生士がスムーズにコミュニケーションを行う大変優れたツールです。

歯科ドックの流れ

1日目

2日目

歯科ドックは予防歯科の第一歩です

歯科ドックでは、患者様の口腔内環境をどのように改善していくかの計画を作ります。
歯科ドックで得られたデータや情報は、患者様が定期的な予防治療を受ける指針となります。
患者様の予防治療を身近にサポートするのは歯科衛生士です。
人の体は時間とともに変化します。成人病と歯周病の関係は深く、糖尿病は歯周病の合併症とさえ言われています。
また、女性は年齢とともにホルモンバランスが急速に変化して、それが口腔内環境にも影響を与えます。
日々患者様の体調の変化に目を配り、時にはドクターとの間に入って歯科衛生士は患者様の口腔環境を見守り、改善していきます。

歯科ドックの料金

歯科ドックの料金は30,000円(税別)となっております。



歯科ドックのお申込み
予約の際「歯科ドック希望」とお伝えください。