マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

口腔外科

HOME > 口腔外科

マナミ歯科クリニックの口腔外科医は、大学病院など大病院で日々治療に携わっている高度な治療技術を持つドクター揃いです

口腔外科とは

口腔外科は、口腔(口の中)、顎、顔面およびその隣接組織の後天的、先天的疾患を扱う診療科です。
この中には歯に起因するものから癌、交通事故による顔面損傷やスポーツ外傷、顎変形症や唾液腺疾患など広範な領域が含まれます。
口腔外科の行う治療には口腔癌の切除手術など大規模な設備と人員を必要とするものも多く、口腔外科医は手術、術後の管理や制癌剤のような薬品の投与にも関わります。
この他、口腔外科医は口腔や顎の変形による発音障害といった機能障害にも対処することで、QOLの向上に深く関与していきます。


口腔外科医がいる歯科医院

マナミ歯科クリニックにいる口腔外科医は、親知らずの抜歯のように多くの歯科医院では大学病院に紹介状を書いてお願いするようなケースのほとんどに対応できます。

また、一般の歯科医院ではまれにしか接することのない腫瘍のような軟組織に関わる多くの症例に日常的に接しています。
このため見逃されがちな口腔癌の発見をする場合もあります。
親知らずの抜歯や口腔内の異常で癌の心配をお持ちの患者様は一度マナミ歯科クリニックで受診することをお勧めします。
豊富な経験を持つ口腔外科医が治療や適切な判断を行う大きな力になります。
もちろん、あらゆる症例がマナミ歯科クリニックで治療可能なわけではありません。
癌の切除手術あるいはその前の病理検査などは大きな病院のご紹介を行うことになります。
また、親知らずの抜歯でもリスクが高く、十分な設備、人員が必要な場合はマナミ歯科クリニックで行わないこともあります。
むしろ、リスクがどの程度はっきり見極め、あえてマナミ歯科クリニックでは治療を行わないという判断をするのも口腔外科医の仕事といえます。
マナミ歯科クリニックの口腔外科医はほとんどが大病院に所属しております。
そのため高い治療技術を持つだけでなく、病院紹介でもその人的なネットワークも大きな力となります。

マナミ歯科クリニックの口腔外科を支える人と設備

チーム医療

マナミ歯科クリニックの口腔外科医は口腔外科医だけに支えれているわけではありません。各専門分野の歯科医は口腔外科医と密接な連携を取り患者様の治療にあたります。また、親知らずの抜歯だけでなく、高い外科的な技術と経験を持つ口腔外科医が常に在籍していることで、各ドクターはより自信を持って治療にあたることができます。

麻酔科

親知らずの抜歯などは抜歯に長時間かかる場合があります。
長時間の抜歯は患者様にとって大きな負担になることも少なくありません。
マナミ歯科クリニックでは麻酔医が常駐しており、ご要望があれば鎮静麻酔を行います。
鎮静麻酔は完全な麻酔ではありませんが、痛みを通常の麻酔で抑える一方で、鎮静作用により長時間の抜歯が大きな苦痛になるのを避けることがてきます。
鎮静麻酔は血圧、脈拍などのいわゆるバイタルを専門の麻酔科医が慎重にモニタリングすることで安全に行われます。

オペ室

大がかかりな治療を行うために、マナミ歯科クリニックでは手術用照明、空気清浄機、バイタルモニタリング機器などを備えたオペ室を備えています。

CT

あまり意識されることはありませんが、歯の治療は首から上、頭部という人体でも最も重要な部分に関わります。
親知らずなどの抜歯は歯の下にある神経、血管を傷つけないように慎重に行わなければなりません。
神経を傷つける危険があるかどうかといった軟組織の部分を術前に知るためにCTは大きな威力を発揮します。

徹底した衛生管理

徹底した衛生管理は歯科医院の基本ですが、口腔外科では特に重要となります。
マナミ歯科クリニックでは、クラスB規格という真空状態を作ることで高温の蒸気を隅々まで行き渡らせる滅菌装置が使用されています。
また、器具の洗浄は専属のスタッフと洗浄機が効率的に行っています。

空気はオペ室に専用の空気清浄機が設置されているだけでなく、診療所全体も空気洗浄機により常にチリやほこりをが除去されています。