Introduce / 患者様のこうして欲しいを実現させます|マナミ歯科クリニック 東京都 中野区 歯医者 歯科医院 土日診療 中野駅南口

24時間予約受付
初めての方専用

キービジュアル

可能な限り痛くない・削らない

ドクター

土日も診療。夜9時まで

外観

女性ドクター多数在籍

女性ドクター

納得して頂くまでしっかり説明

説明

新規オープンの予防ケアルーム

ドクター

徹底した衛生管理

ドクター

可能な限り、痛くない・削らない治療

ドクター

歯医者さんとはどうしても「痛い」「怖い」という残念なイメージが定着してしまっています。しかし、現在は機材や技術の進歩によりこのイメージも当てはまらなくなってきています。当院もこのイメージが当てはまらない歯科医院の1つであることをここで宣言します!

可能な限り「痛くない」治療のために実施している事

Step1呼吸法
緊張している場合とリラックスしている場合とでは感じる痛みが違ってきます。体全身がリラックスできる呼吸法により痛みを緩和させます。
治療風景
Step2痛覚が鈍い部分に打つ
痛みを感じにくい部位がお口の中には存在します。この部分を狙って針を打ちます。
Step3極細の針の活用
通常使用されている針よりも、もっともっと細い針を使用します。針が細ければ細いほど痛みは小さくなります。
Step4電動麻酔注射の活用
ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していきます。
急激に麻酔液を注入することも痛みの原因となるので、ゆっくり時間をかけて注入することが大切です。「手動」で行うとスピードが均一になりませんので、当院ではコンピューター制御の電動麻酔注射を使うことで、均一のスピードで麻酔液を注入することが可能になります。

可能な限り歯を削らないために実施している事

対談

「虫歯になっても、削って治療をすればよくなる」と考えている方は多いのではないでしょうか。確かに、虫歯の部分を削り取り、硬い金属の詰め物・かぶせ物をすると、何だか以前よりも丈夫になった感じがしますよね。しかし、残念なことに、歯は治療すればするほど悪化の一途をたどります。

お口の中は皆様が想像しているよりもかなり過酷な環境に置かれています。
冷たいものが入ってきたと思ったら熱いものが入ってくる。硬いものを噛み砕くことで、歯と歯が激しくぶつかり合う・・・・。このような過酷な環境下では、「歯」と「詰め物・かぶせ物」の間には目で確認できないほどの小さな隙間がどうしても生じてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、虫歯が再発することになります。
そして、一度、治療した歯を再治療する際には、以前よりも虫歯が広がっていることになるので、さらに大きく歯を削る必要があります。
この再治療のサイクルを繰り返すことで、最終的には削る歯もなくなり、抜歯、そしてインプラント・入れ歯の流れをたどることとなってしまいます。

このようなことから、患者さまのお口の健康を守る私たちの使命は、可能な限り歯を削らず治療を行うことです。痛くない歯医者さんに続き、可能な限り「削らない歯医者さん」もここで宣言致します!

土日も診療、夜9時まで

外観

働いているサラリーマンやOLの皆様は、なかなか平日には歯科医院には通えません。
当院では、そのような方のために、「土曜日診療・日曜日診療」、そして「夜9時までの夜間診療(土日は19時まで)」を行っています。

女性ドクター多数在籍

当院には院長をはじめ、多数の女性ドクター(女医)が在籍しております。
患者様によっては男性ドクターではなく、女性ドクターに診てもらいたいとのご要望もあると思いますので、予約をお取りになる際に、ご連絡ください。
ドクターのプロフィール等の詳細は院長・スタッフをご参照ください。

女医女医女医

納得していただくまでしっかり説明&セカンドオピニオンの実施

患者様の声をしっかりお聞きし、治療に反映させる。
これは医療機関として当然の姿勢です。
当院では、単に口頭で説明するのではなく、分かりやすい「デジタルツール」や「マナミ歯科オリジナルの各種資料」を活用しながらしっかりご説明させて頂いております。
ご不明な点、不安な点がありましたら気兼ねなく何なりとご質問ください。

治療説明治療説明

また、当院では「セカンドオピニオン」も積極的に行っております。
このセカンドオピニオンについて少しご説明しますね。

治療説明

ある症例を100人の医師が診断したとします。
その結果、治療内容はどうなると思いますか?

患者さんは「1つの答え」に落ち着くと思うかもしれませんが、実際は何パターンもの治療法が提示されることになります。

これは歯科医師の考え方・流派・得意不得意が存在するためです。まずはこの事実を理解して下さい。

「この症状であれば、この治療しか存在しない」という事はまずありません。

こうなってしまうと、「どの治療がベストなの?」と不安に感じてしまうと思います。

しかし、どの治療法が一番良いのかは患者さん自身の「価値観」に左右されることとなります。どの治療法にも必ずメリット・デメリットが存在しますので・・・。

治療法の選択に悩んだ場合、患者様ができることは、それぞれの治療法のメリット・デメリットを理解し、御自身の価値観に合った治療法を選択することです。
しかし、1人の歯科医師の話だけでは、先ほども申したようにその歯科医師の考え・流派・得意不得意によって提案する治療法が異なります。

そこで「セカンドオピニオン」が登場します。
複数の医師の提案する治療法を聞き、その中で患者様の価値観に合った治療法を選択してください。

院長

また、セカンドオピニオンは単に複数の医師の「考え」を聞くだけではありません。
その医師の「人柄」なども直接に感じることができます。

「この先生になら任せても大丈夫だ」「この先生が提案する治療法なら・・・」といった感情も生まれてくるでしょう。

歯科医療は「人と人」が信頼関係に基づいて行う治療です。
「この先生になら!」と思える歯科医師を見つけるためにセカンドオピニオンを利用するのも1つかもしれません。

当院では院長としっかり時間をとってお話しいただくサービスを設けております。
詳細はディレクターカウンセリングをご参照ください。

院長

新規オープンの予防ケアルーム~癒しの空間を目指して

診療室

カウンセリングカウンセリングカウンセリング

平成25年9月に、診療所と同じマンションの3階に新たに第2診療室を開設しました。
第2診療室開設はこれまで予約がとりにくいという患者様のご不満を少しでも解消するのが第一の目的ですが、最大の目的は、マイナスイメージの強い歯科医院の空間を、「癒しの空間」に変えていくことです。

歯科医院を「痛くなったら行く」場所から、「より健康でより美しく過ごしていくお手伝いをする」場所にする。マナミ歯科クリニックのそんな思いを形にしたのが第2診療室です。

徹底した衛生管理~世界標準のクラスB滅菌器の導入

衛生室

歯科治療では出血が避けらず、治療で使用した器具も血液などで汚染されます。
そのため使用された治療用の器具は滅菌が必須となります。

滅菌器

今でも、多くの歯科医院で使用されているのは、蒸気を送り込むことにより高圧高温状態を作り出す重力置換オートクレーブと呼ばれる滅菌機です。しかし、EU諸国を中心に世界基準とも言える滅菌機は、クラスBと呼ばれる滅菌器です。

クラスB滅菌器は単に高温高圧の蒸気を送り込むだけでなく、滅菌器内に真空状態を作り出し、器具の細部に高温の蒸気が漏れなく浸透することで完全な滅菌が行われます。

マナミ歯科クリニックではこのクラスB滅菌器が使われています。滅菌器が患者様の目に触れることはあまりありませんが、患者様のより大きな安心をお届けするための隠れた努力の一つです。

詰め物・かぶせ物の匠~「院内」技工士の存在

技工士

当院には別室に技工ルームが設置されています。
ここでは専任の歯科技工士さんが詰め物・かぶせ物等を作成します。

歯科技工士とは、歯科医師と連携して入れ歯や詰め物・被せ物を作る職人さんです。
通常は歯科医院とは別の場所で仕事をしているのですが、いつでも意見の交換、勉強、情報共有ができる環境がやはりベストだと考え、当院では院内に専門ルームを設けました。

院内に歯科技工ルームを設ける事のメリットは下記になります。

メリット1治療期間の短縮
技工士

一般的に詰め物・かぶせ物等は歯科医院と別の場所にある歯科技工所というところで作成します。そのため、治療開始から治療終了までどうしても時間がかかってしまいます。

当院には「院内」に技工所があるため、これまでのような「時間的ロス」がなくなりました。またちょっとした調整も院内にいる専門の歯科技工士が対応しますので、クオリティの高い調整が可能になります。

メリット2詰め物・かぶせ物のクオリティ向上
技工士

専任の歯科技工士が院内に常駐しているため、「ドクターとの密なやりとり」が可能になっています。詰め物・かぶせ物等は、歯科医師の指示に従い、歯科技工士が作成します。
そのため、密な連携が非常に大切になります。
一般的には場所的に離れていますので、電話などを通しての連携となり、「密なコミュニケーション」はなかなか難しいものがあります。
当院ではいつでも話し合いの場が持てる環境にありますので、自ずと詰め物・かぶせ物のクオリティ(審美性・耐久性)が向上しています。

メリット3患者様とのコミュニケーション
技工士

特に「審美性」が重要になるかぶせ物等を作成する場合、「患者様の意向」が非常に重要になります。「色合い」「形」などですね。これらは何度も調整し患者様のイメージに近づけていくのですが、一般的にはドクターが患者様の意向をお聞きし、それを歯科技工に伝え、歯科技工士が作成していきます。
これは伝言ゲームと同じで間に人が入れば入るほど「真意」と異なった情報が伝わってしまう事があります。そのため一番の理想は、 実際にかぶせ物等を作成する歯科技工士が自分の目で確認し、患者様の意向を伺う事です。
当院ではそのような環境が整っています。

このページの先頭に戻る