マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

MI

HOME > MI

MI-歯科治療の新しい選択肢

MIという言葉にはまだあまり馴染みがないと思います。
MIとはMinimal(またはminimum)Interventionの略で、直訳すると「最小の侵襲」という意味になり、可能な限り「削らない」「抜かない」という考え方です。

MIという考えが普及する以前の虫歯治療は虫歯という病気そのものを「治療」するのではなく、虫歯に侵された部分を「除去するために削る」ことが基本でした。そして削るだけでは咀嚼機能を保つ十分な治療が出来ない場合は、「歯を抜く」という方向に治療は進みました。

これは虫歯そのものの病理学的理解が十分にされていない過去の歯科治療をそのまま受け継いできたことが理由です。

しかし、日々進歩する歯科治療によって、虫歯を「取り除く」だけではなく、例えば「再石灰化を促すことにより管理していく」という新しい考えがうまれました。
このように、虫歯の治療を「削る」「抜く」中心から「治す」という考え方を重視する、それがMIという考え方です。

MIが目指す「歯を最小限しか削らない 歯を最小限しか抜かない」治療とは

MIの考え方が広まってきたきっかけは、西暦2000年に科医師会の連合体であるFDI(Federation Dental International)が、今後の歯科治療の進むべき方向として大きく取り上げたことです。
日本でも最近はMIを標榜する歯科医院が増えてきました。
MIは一つの流れとして定着してきています。

MIの基本的な考え方「最小限しか歯を削らない」を実現する大きな力となったのは材料技術の進歩です。虫歯の治療で歯を削る時、患部の周りを大きく削る必要があったのは金属の詰め物をきちんと装着するためでした。これは金属のような詰め物は合着(ごうちゃく)と呼ばれる物理的な固定が必要だったからです。ところが、セラミックやレジンといった素材は歯と詰め物が化学的な接着により強固に固定されます。これにより、従来よりはるかに少ない削減量ですむことになりました。

特にレジンと呼ばれる合成物質は昔は耐久性に問題があり、詰め物としての使用は限定的でした。しかし、セラミックの粒子を混入させるなど(ナノハイブリッドコンポジット(NHC)充填(保険適用外)をご参照ください http://manamidentalclinic.com/esthetics/)により強度、美しさを 大幅に向上させました。
このようなお話しすると、「どんな虫歯でも削らないの?」「人工物である入れ歯やインプラントは否定するの?」といった声が聞こえてきそうですが、そうではありません。
MIのもう一つの考え方は、無闇に人工物で置き換えるのではなく、歯の自然な状態を最大限生かしながら、人工物の利用を進めようとするものです。MIでは人工物と歯は対立するものではなく、協力して歯の健康を維持しようと考えるのです。

MIの治療の流れ

皆さんはどんな時に歯科医院に来院するのでしょうか。
多くの方は、歯が痛んだり何かの症状(主訴)があって初めて歯科医院を訪れると思います。歯科医院では虫歯があれば削って詰め物をして治療を行う。処置が終われば治療は終了し、歯科医院を訪れるのは次にまた何か症状があった時になります。この繰り返しが伝統的な歯科治療であり、場合によっては歯を失うこともありました。

変わってMIを重視した治療では、痛みがある歯の治療だけではなく、その後の予防、管理までおこなっていきます。

歯につめ物をする場合、虫歯を除去後、つめ物が入るように歯を形成してセメントで合着するのが一般的でした。しかし、前述したようにMIを重視した治療方法の中では、最近大きく注目されている接着材料を活用した治療法を中心に行います。

これは、虫歯を除去後、欠損部に接着材料(レジン)をそのまま充てんする方法です。
この治療法だと接着剤を用いるため、歯を削る量を大幅に少なくすることができます。

また、この治療法で活用するレジンは、金属やセラミックと比べ、強度や耐久性に劣るとされていました。しかし、最近の材料技術の急速な進歩でこの問題も克服し、レジンの利用範囲は大きく広がっています。
マナミ歯科クリニックでは接着材料を用いた治療法を積極的に取り入れることによって、歯を削る量をなるべく少なくし、歯に優しい治療を行っております。
そして、MIの概念を尊重し、症状が出て初めて治療を行うのではなく、再石灰化の促進や、予防や管理を徹底して行うことで、患者様の歯の健康を維持することに努めてまいります。

マナミ歯科クリニックでのMIの取り組み

マナミ歯科クリニックではMIの考え方に基づいて次のようなメニューをご提供しています。

ディレクターカウンセリング

常の治療の時とは別に院長がカウンセリングをするプログラムです。
歯の健康と治療について十分な理解をしていただくことが大切だという考えから作りました。MIについてだけでなく、セカンドオピニオンも含めて歯の治療についてじっくりとお話しを致します。
詳細はこちらをご参照ください。

ナノハイブリッド

日本が世界に誇ることができる最新の接着剤技術の応用です。
詰め物の代わりに強度と審美性を兼ね備えた接着材料を使用することで、MIの目指す「できるだけ歯を削らない治療」を実現します。

Before

After

他にもパールエステ、ファイバーコア、定期的なPMTC(ブラッシング指導)によるMIを実践しております。