マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

患者様のこうして欲しいを実現

HOME > 小児歯科

マナミ歯科クリニックは小児歯科を専門とするドクターが小児歯科を行います

マナミ歯科クリニックでは多くのドクターが専門性の高い治療に携わっています。その中で、マナミ歯科クリニックの小児歯科の担当は、小児を専門とするドクターばかりです。子供は小さな大人とは違います。もちろん、口や歯が小さいというだけでも、タービンなど多くの器具や道具が小児専用のものがありますが、それだけではありません。子供の体は大人を小さくしただけはないのです。

まず、子供は成長しています。中でも歯は、生まれた時には何も生えておらず、それから乳歯が生え、それが永久歯に代わります。成長する子供の体の中で口腔内は特に変化の大きな部分と言って良いでしょう。

また、子供の口の中はとてもデリケートです。乳歯は歯質が永久歯と比べずっと柔らかく、虫歯になりやすい性質があります。「乳歯はどうせ永久歯に生え変わるから」と言って、あまりお子さんの歯に注意を払わない親御さんもいらっしゃいますが、乳歯の状態は、永久歯が生えるためにとても大切です。

小児の口腔内は大人とは違うために、小児歯科というのは歯科の中で独立部門となっています。小児歯科を専門とするドクターは、小児の口腔内に豊富な知識と経験を持ち、永久歯が生え揃って、大人の口腔環境にスムーズに移行するお手伝いをします。

また、小児歯科のドクターは小児の扱いにとても慣れています。大人にとってさえ歯医者は行きたいところではありません。歯磨き指導と言っても、正しい歯磨きの方法を小さなお子さんが理解するのは難しいですし、それ以前に歯磨きを習慣づけるのも簡単ではありません。お子さんは歯医者が子供に慣れているかどうかを敏感に感じ取ります。小児歯科専門のドクターはお子さんが歯医者を嫌いにならないようにするためにも大切です。

とにかく「歯医者さん嫌いになってもらいたくない」。その一心でお子様の治療体制を当院では構築しております。

お子様が初めて来院される時は、緊急時以外はすぐに治療を始めることはしません。
まずじっくりお子様とお話しをして、歯医者さんに慣れてもらうことが当院の基本方針です。
幼いころを思い出して欲しいのですが、歯医者さんに楽しみながら通った方はほとんどいないのではないでしょうか?会話もほとんどせず、マスクで顔を隠した恐い大人にいきなり痛いことをされたら、どんな人でも「歯医者さん=怖いところ」というイメージを持ってしまいます。
幼い頃はご両親がいるので、しぶしぶお子様も来院してくれますが、親御さんの手を離れてしまったら、歯科医院に行くかどうかは本人次第です。
詳しくは予防歯科でご説明しますが、悪くなってから行くのではなく、悪くなる前に定期的に来院して頂くことで、一生ご自身の歯で会話や食事を楽しむこともできるようになるのです。
お子様が歯医者さんを最終的に「怖い」と判断してしまうのは、医院側とお子様のコミュニケーション不足が原因と当院では考えます。
もちろん、虫歯であれば歯を削ることもありますし、麻酔注射も行いますので、どうしても「痛い」「怖い」という印象を持たれてしまうことは仕方がありません。しかし、お子さんとのコミュニケーションの中で、「どうして治療が必要なのか」「痛みが出る時もあるが、どのくらいでおさまるのか」などをしっかり段階を踏んで説明することで、最初は嫌がったとしても、最終的には理解してもらえるものです。
「お子様だから説明しても理解してもらえない」というスタンスではいけません。
そのため、段階を踏みながら「お子様とじっくり会話をする」ことを当院では行います。こうすることでお子様の恐怖心を最終的には払拭でき、親御さんの手を離れた後でも1人で定期健診に来てくれるようになるのです。
お子様が歯医者嫌いになるならないは、ある意味歯科医院の腕の見せ所とも言えます。ぜひ大切なお子様を私達にお任せください。

当院のスタッフは全員お子様と接するのが好きで、最初こそ治療を恐がっているお子様でも最後は笑顔で帰られていきます。
また、付き添いで来られたお母様からも「子供が恐がらないんです」というお言葉を頂くこともあり、安心して治療を任せてもらっております。
やはり、お子様は優しい女性が好きなようですね(笑)
経験豊富な女性ドクターも多数在籍していますので、「歯医者が恐い」と思われているお子様をお持ちの方は、ぜひ当院へ一度いらっしゃってみてはいかがでしょうか。

Dr.渡邊

お子様の口の中は、大人の口とは大きく違います。また、同じお子様でも年齢でどんどん変わっていきます。歯科医師としての目、母親としての目の両方でお子様の歯の健康の今と将来を見守っていきたいと思います。

Dr.山本

お子さん一人ひとりの個性に合わせた、適切な診療を心がけています。うまく口が開けられなくても、泣いてしまっても大丈夫です!気になることは何でもご相談下さいね。

初診時はどのようなことをしますか?

初診時にはまず保護者の方のご要望をじっくりお聞きした上で、無理のない範囲で、最も気になさっていることに対応致します。
また小さなお子様に対しては、いきなり治療をするようなことはせず、器具に慣れることから始めていきます。ただし、緊急を要する怪我や大きな虫歯の場合には、速やかに対応します。

泣いてしまう子供、歯医者嫌いのお子様へのアプローチ方法は?

お子様の場合、初めてのことでは不安になり、やらなくてはいけないと分かっていても出来ないということは多々あります。また、治療を開始する までに時間がかかっても、終わってみたらけろっとしていることは良くあることです。理解出来る年齢のお子様には、治療が自分にとって大切であることをゆっくり、そして、しっかりと伝え、また「治療をやり遂げた!」という達成感をお子さん自身が味わうことで、歯科医院を通しての成長も期待することができます。

その他、お子さんの診療において心掛けている事をお聞かせ下さい

小児歯科では、虫歯や怪我の治療、歯並びの治療など様々なことを扱っていますが、最も大事なのは定期検診であると考えます。その理由は・・・

早期の虫歯の発見
子供の歯は大人とは異なり、虫歯になるとアッという間に神経にまで達してしまいます。親御さんが穴に気付いた時には、すでに神経の治療が必要な状態であることは珍しくありません。
また子供は痛みに鈍感です。お子様が痛がらなくても、根に膿を持つような虫歯があることもありますので注意が必要です。

治療後の経過観察
虫歯や怪我の治療、歯並びの治療も、お子様の場合は治療後の変化も急激です。また必ず歯の生え変わりの時期を迎えます。永久歯に順調に生え変わるまでしっかりと管理していきましょう。

お口の状態の改善
虫歯になる原因は、食事や飲み物の摂り方や、歯磨きの状況など様々です。一度虫歯になったということは、その生活習慣を変えない限り、また歯がある限りはまた虫歯ができてしまうということです。そのような状態で永久歯が生えて来たらたちまち虫歯になってしまいます。
毎回の定期健診で、その時々のポイントを押さえた歯磨き指導や食事指導が大切です。
また歯科医院でクリーニングを受けることで、お家では除去できない汚れを取り除くことが出来ますので、そのことだけでも大変効果があるといえます。

お忙しい親御さんにとって定期検診にお子様を連れてくるのは大変なことだと思います。しかし、小児期に得たお口の中への関心や習慣は、その後のお口の状態を、一生左右すると言っても過言ではありません。是非定期的な受診をお勧め致します。

当院では、毎週月曜・水曜の14:00~18:30は「キッズデイ」を実施し、ご来院のお子様に歯ブラシをプレゼントしております。
お口の健康の基本は、やはり適切なブラッシングです。適切なブラッシング方法を知っているか否かで、虫歯になる確率も変わってきます。
当院ではお子様の健全なお口の発育を守るために、ブラッシング指導だけでなく、生活習慣の改善提案、食事の回数・時期のご提案、フッ素塗布などもさせて頂いております。
お子様の健全なお口の発育のためには親御さんのご協力が不可欠となりますので、医院側の情報提供をただ受けるだけでなく、どんどん積極的にご質問頂けると私達も嬉しい限りです。

虫歯は、風邪やインフルエンザのように人から人にうつる「感染症」だということをご存知ですか。
生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯の原因となる菌がいませんので、虫歯にはなりません。多くの場合、生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間に周囲の大人からのスキンシップを通して移るといわれています。
虫歯の原因となる菌への感染時期を遅らせることで、将来、虫歯の本数が少なくなるという報告データがあります。
つまり、お子さんへの虫歯菌の感染に注意を払うことで、一生、虫歯のない歯でいられる可能性が高くなるのです。
感染症である以上、対策が可能ですので、正しい知識でお子様を虫歯から守ってあげることがお子さんの将来を考えた際、非常に大切となります。

では、どのようにすればお子様を虫歯菌の感染から守ることができるのでしょうか。
それをこれからお伝えします。感染症対策には、次の3つの方法が効果的です。

感染源の除去(お母さんのお口の中を清潔に保つ)
前述しましたが、周囲の大人とのスキンシップを通してお子様は虫歯になります。なかでも、お子様との接触時間が長いお母さんからお子様に虫歯菌が移るケースが最も多いと言われています。虫歯から大切なお子様を守るためには、まずはお母さんのお口の中を清潔に保つことが大切といえます。
お口の中を清潔に保つためには、食後の歯磨き習慣に加え、歯科医院で行われている歯のクリーニングを定期的に受けられることをお勧めします。
歯のクリーニングを受けられることで、毎日の歯磨きだけでは落とすことができない汚れを除去することが可能です。
詳しくは、こちらの予防歯科のページをご覧ください。

感染経路の遮断(子供に虫歯菌が移るのを防ぐ)
虫歯からお子様を守る2つ目の手段は、「感染経路の遮断」です。
育児に追われて歯のケアを怠りがちになると、お母さんの口腔内には大量の虫歯菌が増殖してしまいます。この時期に「お母さんが口をつけたスプーンで離乳食をあげる」ことや、「お母さんが小さく噛みちぎった食べ物を与える」、「お子様にキスをする」などすることで、虫歯菌がお子様に感染してしまいます。
極論を言えば、上記のようなスキンシップを一切行わなければ感染経路を遮断でき、お子様が虫歯になる可能性を抑えることができます。しかし、このようなスキンシップはお子様への愛情表現として非常に大切な行為です。それでは、安全にスキンシップを取れる方法はないのでしょうか?
あります!キシリトールの活用です!キシリトールの効用を簡単に言ってしまうと、虫歯の原因となる「悪玉ミュータンス菌」を「善玉ミュータンス菌」に置き換える効果があるため、お子様とのスキンシップで虫歯の原因となる悪玉ミュータンス菌がお子様に移るのを避けることができます。
虫歯菌の感染経路はお母さんだけでなく、お父さんやおじいさん、おばあさんなども含まれます。
ぜひみなさんでキシリトールを摂取して、お子様とのスキンシップをいっぱい取ってあげてください。

抵抗力の強化(虫歯菌から子供を守る工夫をする)
虫歯の原因菌からお子様を守る最後の方法は「抵抗力の強化」です。
大人の場合、歯質が成長とともに丈夫になっているためすぐに虫歯が進行することはありません。しかし、子供は免疫力が低く、かつ、歯質もまだまだ弱いため、虫歯が一気に進行し、いわゆる「みそっ歯」と呼ばれる、黒くボロボロの歯になってしまうのです。
このようなことを防ぐため、歯科医院では抵抗力の強化として、次のことを行っています。

TBI(歯磨き指導)

子供が歯磨き好きになるように指導します。

虫歯が多発する部位は、下記の3ヶ所です。
(Ⅰ) 歯と歯の間
(Ⅱ) 歯と歯茎の境目
(Ⅲ) 歯の溝

TBI(歯磨き指導)では、(Ⅰ)と(Ⅱ)から発生する虫歯を防ぐための効果的なブラッシング法を楽しみながら指導していきます。

シーラント填塞(てんそく)

左記(Ⅲ)の歯の溝は複雑で、ブラッシングだけでは汚れを完全に取り除くことは出来ませんので、虫歯になってしまう事が多い部位です。
この溝をプラスチックで埋めることで汚れが溜まらないようにする虫歯予防法がシーラント填塞です。乳歯から永久歯に生え替わったタイミングで治療すると効果的です。
なお、使用するのは虫歯治療の際に詰め物として使う「レジン」という素材なのでご安心ください。

フッ素塗布

「フッ素」とは、歯質を強化する性質を持った物質です。
乳歯や生え替わったばかりの永久歯は非常に弱いのですが、フッ素塗布によって大人の歯と同等の強度にすることができます。虫歯菌に負けない強い歯を作りましょう!

乳歯はいずれ大人の歯に生え換わるから、虫歯になっても大丈夫ですよね?
そのようなことはありません。
少し専門的なお話しになってしまいますが、乳歯には非常に大きな役割が与えられています。
1つは、次に生えてくる永久歯を適切な位置へ誘導する役割。
生え換わる時期に乳歯がすでに虫歯でダメになっていた場合、永久歯を適切な位置へ誘導が出来なくなったり、永久歯自体が生えてこなくなる場合もあります。
2つ目は、乳歯は永久歯が生えてくるスペースを確保する役割も担っています。
虫歯で乳歯を抜いてしまった場合、その隙間を埋めるように、両隣の歯が寄ってきます。そうなると、永久歯が顔を出すスペースがなくなり、正しい方向に生えることができず、噛み合わせが悪くなる原因となります。
また、乳歯が虫歯になってしまった場合、その歯の周囲は虫歯菌に汚染されています。
そこに生えたてホヤホヤの永久歯が出てきたらどうなると思いますか?永久歯といいましても、生えたての時期は乳歯と同じくらいに弱いのです。
当然、虫歯リスクは高まりますよね。
子供の歯はすぐに生え換わるから、虫歯になっても問題ないという考えは非常に危険であることを理解して下さい。

小児矯正/一次矯正/床矯正

永久歯の生え空わないうちに行う矯正を小児矯正と言います。
小児矯正は永久歯が生え揃ってから行う成人矯正に対し、一次矯正とも呼びます。これに対し永久歯が生え揃った後、行う矯正を二次矯正と言うこともあります。

小児矯正は歯列を整えるのではなく、永久歯がきれいに生えることができるように顎のスペースを作ることが目的となります。
このため、小児矯正で使う矯正具は成人のものと異なるなで、床矯正とよぶこともあります。小児矯正、一次矯正、床矯正は同じ意味と考えて構いません。

成人矯正は便宜抜歯が必要になることが多い

それではなぜ小児矯正を行うのでしょうか。
それは先述のように小児矯正は歯列を直すのではなく、永久歯が正しく生えるためのスペース確保を中心に行うからです。
小児矯正を行わず永久歯から矯正を始めると、歯が移動するスペースを確保すために抜歯(便宜抜歯と呼びます)行うことが多いのですが、小児矯正は便宜抜歯の必要を減らす効果もあります。また、骨の柔らかい時に顎の形を整えることで、成長してからは外科的な対応が必要となるような顎の形成を防止する効果もあります。
ただ、便宜抜歯、顎の外科的手術が小児矯正を行うことで必ず避けられるわけではなく、あくまでも可能性を大幅に減らすことができるとお考えください

小児矯正をする心配の一つに、永久歯段階での矯正、つまり二次矯正が必要となった場合費用が余分にかかってしまうのではないかということがあります。
マナミシ歯科リニックでは原則として当院で小児矯正を行った患者様が、二次矯正を行う場合、費用は通常の矯正から小児矯正の費用を差し引きます。むしろ、一次矯正、二次矯正で一つの矯正治療という考え方です。
小児矯正に対する疑問に、成長の速い小児の将来の顎の形、歯列を予想するのが困難だというものがあります。
しかし、これはセファロという矯正用の特別なレントゲン装置と、撮影で得られたデータを分析するソフトウェアの進歩で解決されてきました。


セファロの画像解析で矯正治療のシミュレーションが行える

床矯正の装置

床矯正が優れた点は、取り外しができ、食事などでお子さんに負担をかける度合いが小さく、矯正期間も短い場合は1年以内ですむこともあります。
反面、お子さんが自分で取り外してしまうことができること、決まった日時に器具の調整を行う必要があります。
床矯正は基本的には優れた矯正治療と言えますが、原則として前歯の永久歯が4本生えていることなど条件があり、適用期間も限られます。
床矯正が可能かどうかは小児歯科の先生にご相談いただければと思います。

矯正治療は歯列を整えることで、審美的にメリットを得られるだけでなく、歯に物が挟まりにくくなることにより、プラークコントロールを容易にし、虫歯や歯周病のリスクを減らします。
歯科治療費が高額になることが多い、欧米では矯正を行うことはほとんど常識になっています。

その矯正を行うのに、永久歯が生えそろってから行うのか、乳歯の段階で行うのかどちらがよいのでしょうか。
昔は矯正治療と言えば永久歯が生え揃ってから行うことが普通でしたが、最近は乳歯の段階で行う小児矯正を行うことも増えてきました。

Price400,000円(税別)