マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

麻酔科

HOME > 麻酔科

マナミ歯科クリニックは歯科麻酔医が常駐しています

歯科治療が怖い、苦痛やストレスがない治療を受けたい、そのようにお考えの患者様は沢山いらっしゃいます。 歯科治療はきちんと(局所)麻酔をかけて行えば、大きな痛みを感じずに治療ができることがほとんどなのですが、 それでも治療への恐怖や痛みがない治療を行いたいとご希望は切実です。

その一方で、歯科治療の高度化が進み、インプラントや根管治療など複雑で長時間を要する治療も増えてきています。 また、高齢化の進展で、歯科治療が大きな負担になる患者様も増えてきています。

静脈内鎮静を行うことで、歯科治療への恐怖や苦痛は大幅に軽減できます。 また、鎮静を行う際は常駐の歯科麻酔医が体内の状況を慎重にモニタリングします。歯科治療に恐怖や不安をお持ちの患者様はご相談ください。

静脈内鎮静とは

静脈内鎮静は点滴で鎮静薬を投与して、睡眠あるいはそれに近い鎮静状態で治療を行うものです。 鎮静薬は神経中枢に作用して、興奮を抑制することで、歯科治療にともなう苦痛を大幅に和らげます。 鎮静は麻酔のように鎮痛はしません。痛みを感じなくさせる鎮痛は静脈内鎮静では局所麻酔の役割になります。

鎮静状態に入ると、うっすら意識はありますが、ほとんど眠ってる間に歯科治療が行われます。 鎮静状態から睡眠状態に入る場合もあります。歯科治療の多くは麻酔を使いますが、ほとんどは局所麻酔です。 局所麻酔は麻酔をほどこした部分は痛みを感じなくなりますが、長時間におよぶ治療や歯科恐怖症などで 治療自身に強い抵抗感がある患者様は局所麻酔だけでは治療が大きなストレスになってしまいます。 静脈内鎮静を行うとそんなストレスを取り除いた状態で治療を終了されることができます。

”静脈内鎮静のメリット”

全身麻酔は完全に意識がなくなったり、動かなくなったり、どのような状態でも苦痛を訴えることができなくなります。さらに、呼吸も出来なくなるため、大学病院などの設備や機械が整った施設でしか適応しません。また、全身麻酔は特別な前処置や検査、入院を必要とします。

これに対し、静脈内鎮静はそういった大掛かりな入院は必要とせず、術後1-2時間の安静で通常の状態に戻ることができます。


ご注意: 静脈内鎮静を行った後の運転は避けてください。また、安静後もタクシーなどでご帰宅することをお勧めします。
静脈内鎮静をお受けになる患者様は、歯科医師の説明を受け、静脈内鎮静についての注意事項を守ることをお願いいたします。

静脈内鎮静は専門の歯科麻酔医が行います

静脈内鎮静は治療を行う歯科医師ではなく、専門の歯科麻酔医が担当します。麻酔を担当する歯科医は治療とは別に患者様の全身状態、鎮静の状況を治療中見守り続けます。

「目が覚めたら治療が終わっていた。」
「手術時間がとても短く感じられた。」
そんな患者様からのお声を頂くことがあります。
子供のころに経験した歯科医院での嫌な事や、イメージから、「歯医者に行くのが怖い」そう思って何年も歯医者に通えず、 お口の中の健康状態が悪くなってしまう方が多く見受けられます。
マナミ歯科クリニックでは、静脈内鎮静法を用いることで少しでも快適で、 かつ安全に治療が受けられるように日本歯科麻酔学会認定医の遠藤先生がサポートします。お気軽にご相談ください。

静脈内鎮静の流れ

術前問診

治療を行う1~2週間前に、当院常勤の歯科麻酔医が問診を行います。
場合によっては、採血をして通院中の病院に対診を行います。
お薬を普段飲まれている方は、お薬手帳をお持ち下さい。

静脈内への鎮静薬の投与

点滴をとって、体内に鎮静剤を投与します。
投与の量は、治療時間や薬の種類、個々の体質など、 患者様ごとに細かく調整します。

治療

静脈内鎮静により治療中患者様は睡眠状態に近い鎮静下でストレスや苦痛を感じることなく治療が行われます。
歯を削るときの嫌な音や振動、薬の匂いなども感じにくくなります。

バイタルのモニタリング

静脈内鎮静も全身麻酔同様、治療とは別の担当の歯科麻酔医が血圧、脈拍、心電図など身体状況をモニタリングします。

安静

当院では、目覚めの良い、安全性が確立された鎮静薬を使用していますので、治療終了後ほどなく患者様は覚醒状態になりますが、1-2時間は安静にして、通常の状態に戻るのを待ちます。
通常状態に戻った後も帰宅時など、自動車の運転はもちろん、単独で公共交通機関を使用することはなるべく避けてください。
また、当日の飲酒、激しい運動、仕事や大切な契約など重要な判断を必要とする事は避けるようお願いいたします。

静脈内鎮静はこんな場合に利用できます

インプラント施術



何本も一度にインプラントネジの埋入をおこなったり、長時間の施術が予想される場合、あるいはインプラントの埋入施術に恐怖感などのストレスを感じている患者様。

精密根管治療



マイクロスコープを使う精密根管治療では、2時間近く口を開け続ける必要がある場合があります。
治療に伴う痛みは局所麻酔で抑えられますが、開口や同じ姿勢でいることの苦痛が大きい、耐えられないという患者様には鎮静中に治療が終了することで治療に伴う苦痛がなくなります。

歯科恐怖症



歯医者が怖い、治療器具の音を聞いただけで体が固まってしまって、治療が受けられない。このような場合に静脈内鎮静は恐怖を取り除いて治療を進められます。

持病をお持ちの方



高血圧用や心臓病、糖尿病など基礎疾患をお持ちの方は、鎮静を行うことで、 治療ストレスを軽減し、体への負担が少なくなります。

親知らずの抜歯



親知らずは斜めに生えていたり、骨に食い込んでいたり、様々な理由で抜歯は難しいことが多く、場合により長時間を要します。抜歯方法も特殊な器具を使うなど、患者様にとって強いストレスになることもあります。抜歯を静脈内鎮静下で行うことで、抜歯がずっと楽なものになります。

嘔吐反射が強い場合



口の中に様々な器具を挿入される歯科治療は、時として嘔吐反射つまり吐き気を引き起こします。この嘔吐反射と呼ばれるこの吐き気が強いと、治療継続が困難になることもあります。このような場合は静脈内鎮静が有効です。