マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

歯の色が気になる

HOME > 審美歯科 > 歯の色が気になる

歯の色を改善する方法

下記の理由で歯は変色します。
それぞれ変色の原因と対応方法を記載していますので、ご参照ください。

飲食物による場合

タバコ、コーヒー、お茶、ワイン、カレーなど飲食物には着色しやすいものがあります。着色の改善法としては、「ホワイトニング(薬剤を使った治療)」や「PMTC(専門器具を用いたクリーニング)」があります。ホワイトニングは天然歯よりもさらに白くなり、PMTCは天然歯に近い白さがよみがえります。下の画像はホワイトニングとPMTC後の症例写真になります。

ホワイトニングの症例

Before

After

お口全体に虫歯のある患者様でしたので、まずはホワイトニングを実施してから虫歯治療を行いました。虫歯治療ではレジンという歯によくなじむ色の素材を利用し部分的な審美性も回復させました。

PMTCの症例

Before

After

煙草を吸う方でしたので、歯の裏側にヤニがびっしりついていました。治療後は本来の歯の色が出てきたのがわかると思います。このような着色はご自宅でのケアでは除去することができません。また、PMTCの本来の目的は虫歯・歯周病予防です。予防と共に審美性も獲得するPMTCを皆様に強くお勧めいたします。

薬(テトラサイクリン)による場合

テトラサイクリンとは、テトラサイクリン系抗生物質の総称で、歯の象牙質や骨に沈着します。テトラサイクリン系抗生物質は、以前は風邪薬のシロップとして一般に使用されていましたが、歯に対する副作用が報告され、最近では使用が控えられています。しかし、現在の20代後半から40代までは、幼少期に服用した人が多く、歯に薄い黄色の縞模様が認められる人が多いのが現状です。現在でも呼吸器疾患や、皮膚疾患などにテトラサイクリン系の抗生物質が使用されています。テトラサイクリンの影響が少ない場合や、黄色系の着色の場合は、「ホワイトニング」だけでも白くすることが可能です。しかし、テトラサイクリン変色歯は一般的に、ホワイトニングで白くなりにくく、白くなっても後戻りしやすい性質があります。「セラミック治療」では、セラミックのかぶせ物をしますので、後戻りなどはいたしません。下記の画像はホワイトニングで対応した症例です。ほとんど変化がないのが分かるかと思います。

Before

After

歯の外傷・神経が死んでしまった場合

歯の外傷や神経が死んでしまった場合、歯の色が茶褐色になることがあります。この場合、「ウォーキングブリーチ」や「セラミックを用いた審美歯科治療」を行います。ウォーキングブリーチとは歯の神経(歯髄)を取った後、歯の中に歯を白くする薬剤を入れ、変色した歯を白くする方法です。神経が死んでしまった歯に対しては通常のホワイトニングではあまり効果がないのですが、このウォーキングブリーチを行えば確実に歯を白くすることが出来ます。

ウォーキングブリーチの症例

Before

After

向かって右前歯ですが、神経が死んでしまったことにより変色しています。ウォーキングブリーチ法で歯の内側から綺麗にしました。この治療法では白さの度合いに限界があります。もっと美しさを追求されたい方はセラミック治療をお勧めします。

セラミックを用いた審美歯科治療の症例

Before

After

向かって「左前歯の隣の歯」の神経が死んでいます。また、前歯2本に関しては周りの色調とバランスが取れていませんので、合計3本をセラミック治療しました。自然な仕上がりになったのが見て取れると思います。

加齢による場合

年齢とともに歯が黄ばんだように見えてくるのですが、これは歯の表面のエナメル質がだんだんと薄くなり、エナメル質の下層にある黄色い象牙質の色が目立ってくるためです。また、象牙質自体も加齢とともに色が濃くなってくることも原因です。 「ホワイトニング(後戻り有)」「セラミックを用いた審美歯科治療(後戻り無)」で対応します。

セラミックを用いた審美歯科治療とホワイトニングの症例

Before

After

全体的に色がくすんでいます。神経が死んでしまった歯に関してはセラミック治療を実施し、そして、お口全体のホワイトニングを行いました。

かぶせ物の色が不自然

他院で審美歯科治療をしたものの、納得のいく治療にならないことがあります。これは患者様とドクターとの綿密な打ち合わせ不足や、手抜き治療に原因があります。審美歯科治療とは単に歯を白くすればよいという治療ではありません。他の歯とのバランスをうまくとり、いかに「人工物」と思わせないような作り込が 大切です。当院で行ったリカバリー症例をご紹介します。

Before

After

上顎部4本の治療になります。他院で治療したところ時間の経過とともに、歯と歯肉の境目が目立つようになり来院されました。これは明らかに杜撰な治療だったといえます。また他の歯との色調もとれていなく、治療された歯だけが浮いているのが分かると思います。