マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

院内ツアー

HOME > 院内ツアー

診療台の増設 〜 すべて「個室」「半個室」です

専用特診室(個室)〜オペ専用 / 根管治療専用の診療スペース

予防専門ケアルームの設置〜癒しの空間を目指して

平成25年9月に、診療所と同じマンションの3階に新たに第2診療室を開設しました。
第2診療室開設はこれまで予約がとりにくいという患者様のご不満を少しでも解消するのが第一の目的ですが、最大の目的は、マイナスイメージの強い歯科医院の空間を、「癒しの空間」に変えていくことです。

歯科医院を「痛くなったら行く」場所から、「より健康でより美しく過ごしていくお手伝いをする」場所にする。マナミ歯科クリニックのそんな思いを形にしたのが第2診療室です。

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)2台設置

治療の精度を上げるマイクロスコープを2台設置しています。
根管治療専用の特診室で、患者様にも実際の患部を確認して頂きながら治療を実施します。

口腔外バキューム

マナミ歯科クリニックでは、空気清浄器を導入することで診療室全体の空気の清浄度を高めていますが、さらに粉塵の発生しやすい治療を行う時、口腔外バキュームを使用しています。口腔外バキュームは治療で空気中に削った際の飛散物を吸い取るために使用します。通常は問題はありませんが、血液などが混じる飛散物が沢山生じるような場合は非常に有効です。歯科医院での設置は義務付けられてはいませんが、外科的施術が多い場合には感染症の予防のために大切な機器です。

個室カウンセリングルーム設置

個室のカウンセリングルームになります。隣がオペ室になりますので、この部屋からご家族のオペを見守ることもできます。

徹底した衛生管理〜世界標準のクラスB滅菌器導入

歯科治療では出血が避けらず、治療で使用した器具も血液などで汚染されます。
そのため使用された治療用の器具は滅菌が必須となります。

今でも、多くの歯科医院で使用されているのは、蒸気を送り込むことにより高圧高温状態を作り出す重力置換オートクレーブと呼ばれる滅菌機です。しかし、EU諸国を中心に世界基準とも言える滅菌機は、クラスBと呼ばれる滅菌器です。

クラスB滅菌器は単に高温高圧の蒸気を送り込むだけでなく、滅菌器内に真空状態を作り出し、器具の細部に高温の蒸気が漏れなく浸透することで完全な滅菌が行われます。

マナミ歯科クリニックではこのクラスB滅菌器が使われています。滅菌器が患者様の目に触れることはあまりありませんが、患者様のより大きな安心をお届けするための隠れた努力の一つです。

その他、当院では下記の滅菌システムも導入しております。

ドイツのMiele & Cie.KG社製のジェットウォッシャー。これは、今までの洗浄機や手洗いでは難しかった複雑な構造を持った歯科器具も徹底的に洗浄します。また、血液や 唾液といったタンパク質が凝固しない55℃の温水で効果的に洗浄を行ない、弱アルカリ性の専用洗浄剤で洗浄を行うのですべての汚染を効果的に落とします。

医療用施設用高性能空気清浄装置

マナミ歯科クリニックには医療用施設用高性能空気清浄装置エアロシステム35MDを使用しております。このシステムは国公立大学病院を始め多くの導入実績があり、高い信頼性とPM2.5、微粉塵、花粉、ウィルスの清浄機能もある高性能のものです。また、エアフィルター部分は月一度専門業者により保守清浄を行い、常に性能を保つようにしております。

待合スペースの拡充

バリアフリー構造

院内探索