マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

セラミッククラウンで歯並びを整える

2019.12.01

きれいな歯並びを素早く手に入れたい


歯並びの乱れを直す治すには矯正治療があります。歯の移動を行う歯列矯正であれば、歯並びの異常を根本から解決することができるからです。ただ、歯列矯正には長い期間と比較的高い治療費が必要となることから、二の足を踏んでいる方も少なくありません。

歯並びを整えたい時は矯正治療を行うのが基本です。しかし短期間で歯並びを美的改善をしたいという方に、「セラミッククラウン法」という、一般的な補綴治療(被せ物や詰め物を施す治療)の手順で歯並びを美しく審美矯正が選択肢としてあります。

例えば、前歯が1本だけ外に向いてしまっているケースでは、2~3回ご来院いただくだけで、治療を完結させることが可能です。治療にかかる費用は、1歯につき15万円程度です。一般的な矯正法と比べると、治療期間が短く、費用も安くなります。

セラミックを被せることで歯並びも改善できる


通常、セラミックを用いた補綴治療というのは「むし歯で失われた歯質をいかに元の形へと戻していくか」という命題が課せられています。それだけにセラミック治療では「元に戻す」ことしかできないと思われがちですが、実際はもっと自由度が高いのです。

具体的には、セラミックの色や形などを細かく調整して、問題となっている歯のバランスを整えていきます。その際のゴールは、理想とする「歯の形、歯並び」なのです。当院には技工所を備えており、より的確に希望する被せ物を作ることが可能です。

ただ、セラミッククラウン法は万能ではなく、単独では十分な治療結果が得られない場合もあります。そういったケースでは、部分矯正治療の併用という選択肢があります。マウスピース矯正でインビザラインが提供するIGOは部分矯正を数カ月という短時間で矯正を行うことができます。

IGOが適用可能なら3-6カ月で矯正治療ができます


セラミッククラウンによる矯正は。むしろIGOのような部分矯正と組み合わせる、あるいは部分矯正だけでは十分な審美的改善が得られない場合の補完的方法とすることで、短期間に希望に沿った結果を得ることができるとも言えます。

ちなみに「すきっ歯(正中離開)」を改善したいという方には「ラミネートベニア法」という治療法がおります。付け爪のような薄いセラミックを貼り付けるだけなので、歯を削る量も最小限に抑えることができます。麻酔も不要で、治療に要する時間も短い有益な治療法です。



このように、セラミックを用いた審美歯科治療で、歯並びを改善することは十分可能ですし、部分矯正と組み合わせることでさらに優れた歯並びの改善が可能です。理想とする歯並び、期間、費用、いくつかの条件は相反することもありますが、「治療における優先順位」を歯科医師としっかり共有することが、最善といえる施術法を決めていくことが必要です。