医院ブログ

キービジュアル

麻酔処置の痛みを軽減する方法

2021年1月7日

歯科治療では、いろいろな場面で麻酔処置を施します。とくに局所麻酔を行う頻度は高く、施術に伴う痛みを苦手としている人は多いことでしょう。歯茎に直接、麻酔針を刺すのですから、痛みや不快感が生じるのも当然です。実は、麻酔をきちんと施せば歯科治療自体の痛みはそれほど大きなものではありません。
しかし、虫歯の激しい痛みや、歯科治療に対する恐怖が治療の痛みをより大きく感じさせてしまう部分があります。それでも歯科治療の痛みをより小さくためにそんな局所麻酔は、いくつかの方法で痛みを軽減することが可能です。
 

 
まず、麻酔針を刺す時の痛みは「表面麻酔」で緩和できます。歯茎にジェル状の薬剤を塗布するだけで、数分後には口腔粘膜の感覚が低下します。また、極細(33G)の麻酔針を使用することでも、刺入時の痛みはさらに軽減されます。太い麻酔針を刺すと、その分、痛みが強くなるのは容易に想像できると思います。
 
次に、麻酔液を投与する時の注意点ですが、注入速度を一定に保つことが大切です。最も痛みが強くなるのは、急激な注入です。一度にたくさんの薬液が注入されると、細胞が膨張して組織を圧迫します。その結果、強い痛みや不快感が生じるのです。

笑気ガスで疼痛を和らげることもある


 
上手な歯医者さんは、麻酔の注入速度をゆっくりと一定に保つことができますが、それが難しい人もいます。そこで有用なのが「電動麻酔器」です。電動麻酔器を用いれば、歯科医師の技術に依存することなく、適切な速度で麻酔液を注入できます。
 
さらに、薬液が収められている麻酔用カートリッジを体温付近まで温めることで、施術に伴う不快感が軽くなります。麻酔用カートリッジは普段、冷温保存されており、そのままの状態で使用すると、口腔組織への刺激が強くなり過ぎてしまうのです。
 

電動麻酔器


 
このように、多くの人が苦手としている局所麻酔は、使用する器材や処置法に気を配ることで大幅に軽減できます。麻酔がしっかり作用すれば、歯の感覚も麻痺して削る時の痛みもなくなります。過去に受けた局所麻酔の痛みで歯医者嫌いになっている人は、痛みに配慮した麻酔処置を経験してみてください。驚くほど快適であることがわかるかと思います。
 

中野の歯医者 マナミ歯科クリニック

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

中野駅南口から徒歩5分

03-5385-0977

診療時間

月~金10:00~21:00(最終受付 20:30)
土・日10:00~13:30
15:00~19:00(最終受付 18:30)

※ 土日のみ休診時間有り(13:30〜15:00)
※ 祝日は休診

このページの先頭に戻る