入れ歯 / denture|マナミ歯科クリニック 東京都 中野区 歯医者 歯科医院 土日診療 中野駅南口

24時間予約受付
初めての方専用

キービジュアル

「噛めないもの」
「はずれるもの」
「うまくしゃべれないもの」・・・

入れ歯をこのように思っていませんか?

歯科材料・歯科技術は日々進歩しています。

あの頃のような「食べる喜び」
思い出してみませんか?

マナミ歯科クリニック関連動画はコチラ

全ての症例に対応可能な万能選手―入れ歯

歯を失った場合の選択肢としましては、インプラント、ブリッジ、入れ歯治療があります。
インプラントに関しての詳細は、インプラントをご覧ください。

最近ではインプラント治療の人気が高くなってきていますが、インプラントも万能なわけではなく、手術への不安を抱いている方やアゴの骨の状態・持病を持っている方の場合には、インプラント治療が適応しない場合があります。

その点、入れ歯であれば、様々な種類がありますので、すべての症例に適応するという特長があります。

入れ歯を諦めていませんか?

入れ歯はすべての症例に適応できるという特長がある反面、入れ歯で困っている人は、1000万人以上と言われ、「痛い・噛めない・はずれる」が入れ歯の三拍子と言われてきました。

合わない入れ歯を使用していると、アゴの骨は急速に減っていきます。
アゴの骨が減ると、余計に入れ歯が合わなくなり、さらに急速に骨が減っていくという悪循環に陥っていきます。

おばあさん

こうした合わない入れ歯を使用されている方の多くは、

入れ歯は噛めないもの”
“歯を失ってしまった以上、仕方のないこと”

など、入れ歯でおいしく食事をとることを諦めてしまっています。

これは非常にもったいないことです。
歯科医療は日進月歩の世界です。
技術の進歩、歯科医師・歯科技工所の努力によりピッタリと合う入れ歯を作ることも可能になっています。
ぴったりと合う入れ歯であれば、快適でおいしく食事をとることもできるのです。
合う入れ歯と、合わない入れ歯の違いは何なのかという正しい知識を患者さん自身が知ることが、自分にピッタリと合った入れ歯に出会う第一歩となります。

最先端の入れ歯治療はここまで進んでいる!

快適な入れ歯には、以下の条件が求められます。

1. 軽い材料でつくる

保険の材料で作る入れ歯は重いため、噛むという動作に負担を与えます。
一方、保険外の入れ歯で使用する材料には、保険の材料の約1/4の重さのものを使用します。

2. 薄い材料でつくる

口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。このため、保険外の入れ歯で使用する材料の場合、保険のものに比べ約1/6の厚さの薄い材料を使用します。

対比1対比2

3. 食べ物の温もりを感じられる材料でつくる

入れ歯を入れると、温かい・冷たいといった食べ物の温もりが感じられません。 食べ物の温もりは味覚に大きな影響を与えます。このため、保険外の入れ歯では温もりを感じられる材料(専門的に表現すると、熱伝導率の高いもの)を使用します。

チタン床

4. 目立たない工夫

入れ歯をひっかける針金は、見た目にも悪く心理的な悪影響を及ぼす場合があります。
保険外の入れ歯では、この針金を見えないようにする仕組みがあります。

当医院では、「ノンクラスプデンチャ-」と呼ばれる審美性に優れた入れ歯を提供しています。ノンクラスプデンチャ-とは、金属製のバネ(クラスプ)を使用しない入れ歯のことです。このバネをなくすことで周囲から入れ歯だと気付かれにくく、笑顔に自信が持てるようになります。実際に使用している患者様からも、大変好評な入れ歯です。
しかし、すべての症例に適用している訳ではなく、場合によってはこの入れ歯をお勧めできない場合もあります。

ノンクラスプデンチャ-①

5. 自分アゴの高さにあった精密調整を行う

合う入れ歯を作るために一番重要なのは、手間をかけた調整です。
保険外の材料を使う事により、保険で使える材料と比べはるかに異物感を減少させる調整が可能となります。

ピッタリと合った入れ歯は、歯科技工士の腕次第!!

入れ歯は歯科医師1人で作るものではありません。
歯科技工士という方と共に作り上げていきます。

当院では「宇井デンタルラボラトリー」という歯科技工所さんと提携しています。
精密な作業に定評があり、毎回、技術力の素晴らしさには感嘆させられています。
当然、患者様からの評判もよく、安心して任せられる歯科技工所さんです。
今回は代表の宇井真二氏に取材をしてきました。

お一人でやられていますが、何かこだわりがあってのことですか?

そうですね。
従業員を雇ってもいいのですが、そうなってしまうと作業工程を細分化し「分担制」となってしまい、入れ歯の品質が落ちてしまう可能性があります。作業効率は上がるのですが、私はそれを望んでいません。
やはり、1つ1つの入れ歯を、1人の人間が責任をもって1~10まで担当することで納得のいく入れ歯が完成します。いわば私は「職人」を目指しています。

保険で作る入れ歯に自信があるようですが?

歯科技工士

はい。
保険外の入れ歯であれば、材料も良質ですし、かけられる時間も多くあるので、当然良いものが出来上がります。では、材料も時間も限られている保険の入れ歯は、良いものができなくてもいいのか?
そうではありませんよね。確かに保険の入れ歯では保険外の入れ歯と比べて様々な制限があります。
しかし、患者さまにお金を払って頂いていますので、中途半端な入れ歯を作るつもりはありません。むしろ、保険外の入れ歯に可能な限り近づける努力をしています。私は職人気質なので、制限があると逆に燃えてしまうんですよね(笑)。
保険でもよい入れ歯を作ることが、歯科技工士の腕の見せ所だと思っています。

技術的なこだわりはありますか?

入れ歯

たとえ保険の入れ歯であっても、「審美性」を最大限考慮した設計をしていることです。

たとえば「歯肉形成」というのがあります。
通常の保険の入れ歯では歯肉の部分が「ツルツル」なんですね。
本来、人間の歯肉はツルツルではないですので、ツルツルにしてしまうとリアリティに欠け入れ歯であることが分ってしまいます。
そこで私はそこに「デコボコ」をデザインしリアリティを出すようにしています。

また小さな部分ですが「毛細血管」などもデザインします。

そして歯並びの配列も自然な感じを出すように気を使っています。
ご自身の歯を良く見て頂けたら分るのですが、整然と並んでいる歯並びは皆無です。
入れ歯も同じで、整然と並べてしまうと不自然さが出てしまい「入れ歯」だと分ってしまいます。保険の入れ歯でここまでする歯科技工士はほとんどいないのではないと思います。

「歯」に関しても色・大きさ・形など、患者様によって使い分けなければなりません。
『私は4~5種類の歯を使い分けていますが、このように細かいところまで気を使うことにより審美性の高い義歯を作ることが可能となります』

しっかり噛めるという「機能性」も大切ですが「見た目」も大切な要素だと考えて作業をしています。

ノンクラスプデンチャ-(金属のバネのない入れ歯)に関して

ノンクラスプデンチャ-②

最近は、金属のバネのない入れ歯がはやってきています。
やはり、入れ歯というと金属のバネが見えてしまい、見た目が悪いという印象があったと思いますが、 この入れ歯が登場したことで見た目の悪さが解消されることになりました。

しかし、この金属のバネがない入れ歯(ノンクラスプデンチャ-といいます)は、まだ発展途上の入れ歯です。開発された当初はまだ素材が悪く、すぐに劣化してしまいポキポキと折れてしまう事が結構ありました。
しかし最近では素材の改良が進められ、劣化しにくい素材が開発されています。
私も最近はこのノンクラスプデンチャ-に力を入れています。
以前までの見た目が悪い入れ歯に不満を持っている患者さまに是非使って頂きたいですね。

HPを見て頂いた方に対して一言お願いします。

入れ歯は野菜作りと同じです。
わたしは茨木に住んでいますが、野菜がとにかくうまい。感動しましたよ。(笑)
少し調べたのですが、やはりこれだけの野菜を作るにはけっこうこだわって作っているみたいです。

歯科技工士②

入れ歯も同じです。
こだわればこだわる程良いものができます。
流れ作業で、こだわりなくやろうとすれば売り上げも上がりますし、私も楽になりますが(笑)、それではNGです。
保険外の入れ歯は当然として、保険の入れ歯でもこだわり、そして最高の物を作る。
これが私の存在意義ですから。

ピッタリと合った入れ歯は「アンチエイジング」の効果があります!

入れ歯を入れたら急に「老け顔」になってしまったという話しを良く聞くと思います。
これは「合わない入れ歯」が原因となっていることがあります。

歯は顔の輪郭を形作っている重要な要素です。
より、歯の代わりとなる入れ歯が大きかったり、小さかったりすると顔の輪郭が変わってしまいます。この輪郭の変化が顔のシワ・タルミの原因となり、老け顔を助長する元凶でとなります。

つまり、自分にピッタリ合う入れ歯は「痛くない、しっかり噛める、はずれない」といった機能的な面の回復だけでなく、シワ・タルミが生じないといった審美的な面までも回復してくれます。

しかし、お口の環境は時間の経過とともに変化していきますので、機能面・審美面を維持するためには、歯科医院での定期的なメインテナンスが大切となります。

両親へ”ピッタリと合った入れ歯”を贈ってみませんか?

合わない入れ歯は、「ちほう」までの一里塚といわれています。
合う入れ歯で物をしっかり噛むことで「ちほう防止」 に大きな効果があるのです。

これは、顎を動かすことにより脳の中を流れる血液の量が大幅に増加し、脳細胞を活性化させるためです。
これはある統計でも証明されており、アルツハイマーになってしまう方には、歯が少ない人が多いようです。

身近な例えとしまして、眠気が襲ってきた時、眠気覚ましに「ガム」を噛むことがあります。これはハッカによる刺激の効果もあると思いますが、ガムを噛む行為自体が脳に新鮮な血液を送りこむので、脳が活性化し、眠気覚ましにも効果があるのです。

プレゼント

このようなことから最近では、両親へのプレゼントとして、お子さんが来院され、「親のために、よく合った入れ歯を作ってあげたい」というご要望もあります。
もし、ご両親が入れ歯で悩んでいるのであれば、お気軽にご相談ください。

当院で入れ歯治療を受けた患者さまからのインタビュー

img01

当院にお越しになられたきっかけを教えてください。

きっかけは昨年末に入れ歯が外れたことでした。入れ歯自体は2年前から使用していたのですが、当初からサイズが合わず、噛むたびに痛みを感じていたので当時通っていた歯医者で何度も調整してもらいました。しかし、あまり状況は改善されなかったんです。

毎日ストレスを抱えて過ごしていたので、去年の12月に思い切って別の歯医者に治療をお願いし、新しく入れ歯を作ったのですが、いざ使ってはみたもののどうも付け心地が緩く、違和感を感じつつもそのまま使うことにしたんですね。

そしてクリスマスを迎えた頃、突然入れ歯が外れたんです。あの時は本当に驚きました(笑)。

何回やっても入れ歯が外れてしまうんです。これは大変だと思い、すぐ治療した歯医者に連絡したのですが、休日であったため、やむを得ず他の歯医者にいき応急処置をして頂いたのですが、あくまで「応急処置」なので満足できるわけがありません。

当時はなぜ自分だけが入れ歯のためにこんなに苦しまなければいけないのかと思い、本当に落ち込みました。そんな私のことを心配した娘が、インターネットで良い歯医者がないか調べてくれたんです。そこで見つけたのがマナミ歯科でした。娘から「お母さん、ホームページに治療内容も詳しく掲載されているから、ここに行ってみなよ。内装も綺麗で清潔そうだよ。」と勧められ、私は藁にもすがる思いですぐにマナミ歯科に駆け込みました。

その時のことは今でもよく覚えているのですが、院長は精神的に参っていた私に対し「大丈夫、治療すれば必ず治ります。どうか安心してください。」と暖かい言葉をかけて下さり、その一言で本当に気持ちが楽になりました。私が不安に感じていたことにも一つ一つ丁寧に答えていただき、よし、ここなら治療を任せても大丈夫!と決心することができましたね。

実際に治療を受けられてどのように感じましたか?

まず最初にどういった治療法があるのか、メリットやデメリット、料金等について丁寧に説明してくださりました。先生には「外れない、しっかりした入れ歯を作ってください!」とお願いし、実際に治療を終えてみると全く痛みがなく、入れ歯が外れることもなくなりました。これまでの苦痛は何だったのかと思うくらい、状況は様変わりし、少し大げさですがその時の私は天にも昇る気持ちでした(笑)。それぐらいこれまでが苦しかったんです。

img02

今では噛み合わせも問題なく、お肉やたくあんなども噛み切れますし、何より食べ物をしっかり噛むことができることが嬉しいですね。

先生から特徴の異なる複数の入れ歯を提案いただいて、私は金属のバネのない審美性に優れた入れ歯(ノンクラスプ)を選びました。この入れ歯は従来のものとは違い、人前で話すときも、見た目を気にすることなく自然に笑顔になれます。

私のように入れ歯でお悩みの方には、間違いなくマナミ歯科をお勧めしたいですね。

これからマナミ歯科に来られる患者さんに一言メッセージをお願いします。

そうですね、私のような例は特殊かもしれませんが本当にマナミ歯科の皆さんには助けていただきました。お世辞ではなく、本当に心からそう思っています。

マナミ歯科の良いところはたくさんあるのですが、一番は治療ありきではないところですね。

事前に治療方針をきちっと説明していただけますし、質問や悩みがあれば時間をかけて相談にのっていただけます。やはり患者さん自身が十分納得した上で治療を始めることは、歯医者を選ぶ際のポイントではないでしょうか。

又、すごく良いなと感じたのは、専門分野ごとにスペシャリストがいることでしょうか。

これは長い間入れ歯で悩まされていた私にとって、大きな安心感に繋がりました。
やはり一人の方が全ての治療を担当しているよりも、それぞれ専門分野のスペシャリスト、いわゆる職人さんというんでしょうか、そういう方に診療頂けるということは大きなメリットだと思いますね。特に入れ歯などは熟練した技術が必要だと思いますので。

他にも良いところはたくさんあるのですが、敢えて3つに絞るとすれば、3つ目は先生やスタッフの方の応対の良さでしょうか。

言葉でいうのはなかなか難しいのですが、私個人としては、皆さん非常に人間味のある暖かさを持っていて、とても居心地がいいですね。

これは私だけではないと思いますが、これまで歯医者にはネガティブなイメージがあって、少なからず不安な気持ちで歯医者に通っていました。それが今では歯医者に行くこと自体がとても楽しみですし、先生のおかげで歯の大切さも理解することができました。
先生に嫌われない限り、今後もずっとお世話になろうと思っています(笑)。

細かいのですが、緊急時に柔軟に対応頂けることや土日も診療していることはそれだけで大きな安心感にありますね。私のように過去に苦い経験をした者にとってはなおさらだと思います。

なんでも相談にのってくれる歯医者だと思いますので、皆さんもぜひ一度足を運んでみてください。

img03

※症例により個人差があります。

料金表

料金表はこちら

入れ歯Q&A

入れ歯は定期的なチェックを歯科医院で行わなければいけないと聞いたのですが、どうしてですか?
入れ歯を使用していると、あごの骨や歯ぐきがしだいにやせてきます。つまり、徐々にお口の中の形が変わってきてしまうので、当然、入れ歯がお口に合わなくなってきます。そうなると、入れ歯がお口の中で「ガチャガチャ」してきますので、痛みや噛む力に影響を与えます。ですので、定期的に入れ歯・お口の中を歯科医院でチェックし早めに変化の兆候をつかんで、対処することが必要となります。
入れ歯のメンテナンスはどのように行えばいいの?

入れ歯は清潔に保つことが第一! 入れ歯には食べ物のカスやプラークが付着しやすく、放置すると周りの健康な歯に悪影響が出てしまいます。常に清潔な状態に保つために、1日1回は必ず取り外して洗浄することを忘れないでください。

ブラッシング
入れ歯用ブラシを使用して丁寧に優しくブラッシングしてください。頑固な汚れがある場合は、汚れの部分だけに歯磨き粉などを使用しましょう。

歯石除去
入れ歯にも歯石が付いてしまうことがあるため、気付いたら歯科医院で除去してもらいましょう。

洗浄剤使用
細かな部分の汚れをとるために、定期的に入れ歯洗浄剤を使用してください。

保管
入れ歯を乾燥させると変形の原因となるため、就寝時などは水を入れたコップに入れておきましょう。

このページの先頭に戻る