顎関節症

キービジュアル

「顎関節症/食いしばり/
歯ぎしり」の治療

~次のような症状はありませんか?~

  • 不定愁訴(原因の分からない
    頭痛、肩こりがある)
  • 知らないうちに
    歯の一部が欠けた、折れた
  • 朝起きると、ひどく顎が疲れている
  • 歯ぎしりを指摘されたことがある
  • 口を開くと顎から音がする
  • 知覚過敏の症状がある
  • 口が大きく開かない
当日予約可 次のような急な悩み、「即日対応」します 被せ物が「取れた」・歯肉が「腫れた」・歯が「しみる」・歯が「痛い」 当日予約可 次のような急な悩み、「即日対応」します 被せ物が「取れた」・歯肉が「腫れた」・歯が「しみる」・歯が「痛い」

「顎関節症/食いしばり/歯ぎしり」でお悩みの方へ

悩み
  • 顎が痛い……
  • 口が開かない……
  • 知らないうちに歯が割れてしまった……

このような症状でお悩みの方は多くいらっしゃいます。
そして、様々な病院(整形外科や整骨院等)で診てもらっても、根本的な原因がわからず、我慢し続けている方も多くいます。

なぜでしょうか?

咬合

顎関節症、食いしばり、歯ぎしりは、1つの原因で発症していることもありますが、複数の原因が深く絡み合って発症することも多いため、診断や治療が難しいためです。

しかし「噛み合わせ」が主な原因の場合は、噛み合わせを専門家に扱っている歯科医院に受診することで症状が緩和することがあります

当院で行っている診断や治療法に関してご紹介します。

「噛み合わせ」に起因する顎関節症/食いしばし/歯ぎしりの治療

診断

様々な原因が絡み合って発症することが多いため、色々な角度から検査を行い、原因を追究していきます。

CT診断

CT

CT撮影を行い、顎骨の状態を精密に診断します。

ゴシックアーチ診断

ゴシック

噛み合わせに問題がある場合はゴシックアーチによる診断を行います。
これにより「噛み合わせの適切な位置」を特定することができ、その噛み合わせに合わせていく治療を行います。

咬合器診断

咬合器

患者さんのお口の模型を作成し、「咬合器」というものにセットし、噛み合わせを診断します。

具体的な「治療法」のご紹介

治療

治療法には大きく分けて6通りあり、これらを組み合わせることもあります。

  • 噛み合わせの調整(引っかかりのあるところを調整)
  • 被せ物で治療(不良補綴(被せ物)の作り直し)
  • 歯列矯正(噛み合わせのずれが大きい場合に実施します)
  • ボトックス
  • マニュピレーション
  • スプリント

上記の中でも「ボトックス」と「マニュピレーション」がイメージしづらいと思いますので、簡単にご紹介します。

ボトックス

ボトックス

ボツリヌス菌から抽出される「ボツリヌストキシン」というタンパク質を利用する治療です。
ボツリヌストキシンには筋肉の動きを緩和する作用があるため、就寝中の歯ぎしりや食いしばりを解消し、顎への負担を減らすことができます。

マニュピレーション

特に「口が開かない」状態の処置としてマニュピレーションを利用します。
この状態は、顎関節の中でクッションの役割を果たしている「関節円板」が前方に転位したまま戻ってこない状態なのですが、これを人為的に元に戻す処置のことをマニュピレーションと言います。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

中野駅南口から徒歩5分

03-5385-0977

診療時間

月~金10:00~21:00(最終受付 20:30)
土・日10:00~13:30
15:00~19:00(最終受付 18:30)

※ 土日のみ休診時間有り(13:30〜15:00)
※ 祝日は休診

このページの先頭に戻る