歯の神経を守る治療

キービジュアル

歯の神経」を残す治療

歯の神経を守ることで、
歯の寿命が延びます。

  • 「MTAセメント」の活用
当日予約可 次のような急な悩み、「即日対応」します 被せ物が「取れた」・歯肉が「腫れた」・歯が「しみる」・歯が「痛い」 当日予約可 次のような急な悩み、「即日対応」します 被せ物が「取れた」・歯肉が「腫れた」・歯が「しみる」・歯が「痛い」

「歯の神経を残す」という選択肢

神経

歯の神経を除去してしまうとどのようなことが起きると思いますか?

歯の神経は「歯に栄養を供給するパイプ」の役割をしていますので、神経を除去すると歯に栄養が行かず、最終的には「枯れ木」のようにもろくなってしまいます。

そのため、強くかみしめると、歯が折れたり割れたりすることもあります。

つまり、歯の神経を除去することは、歯の寿命を縮めていることと同じになります。

通常、次のような場合、歯の神経を除去する処置(抜髄)が行われます。

  • 虫歯が「大きく進行」している場合
  • 虫歯が「神経近くまで進行」してる場合
  • 虫歯が「神経に接している」場合
MTA

すべてのケースではありませんが、このような場合であっても、「MTAセメント」と呼ばれる薬剤を利用することで、歯の神経を除去せずに済ませることができる場合があります。

MTAセメントを簡単に説明すると、これに含まれるミネラル成分によって、虫歯菌を無菌化する治療法です。

次のような特徴があります。

  • 通常よりも歯を削る量は抑えられる
  • 痛みが生じる治療ではない
  • 2~3回の来院で終了

治療の流れ

治療

STEP 1検査・診断・治療方針の決定

診断

レントゲン撮影などの検査を行って、虫歯の状態を正確に診断します。

STEP 2治療

セメント

虫歯感染部位を削り、患部にMTAセメントを塗布します。

STEP 3予後チェック

一定期間経過したのち、痛みや染みなどの不快感がないこと、セメントが十分に硬化していることを確認します。
問題がなければ、必要に応じて詰め物や被せ物を行って、治療終了です。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

中野駅南口から徒歩5分

03-5385-0977

診療時間

月~金10:00~21:00(最終受付 20:30)
土・日10:00~13:30
15:00~19:00(最終受付 18:30)

※ 土日のみ休診時間有り(13:30〜15:00)
※ 祝日は休診

このページの先頭に戻る