矯正歯科 / correct|マナミ歯科クリニック 東京都 中野区 歯医者 歯科医院 土日診療 中野駅南口

24時間予約受付
初めての方専用

キービジュアル

歯を美しく並べる
これは当然のこと。

噛み合わせまでを考えてこそ
本当の矯正治療であると考えます。

マナミ歯科クリニック関連動画はコチラ

矯正治療を受ける前に、是非とも知って頂きたい事

日本では、どんな歯医者さんでも「矯正歯科医」と名乗ることができる制度となっていることを御存知でしたか?矯正歯科について特別に学んでいない歯医者さんでも、矯正歯科を看板にかかげて診療を始めることができてしまうのです。

矯正治療は、歯科医師の技量によって、結果に大きな差がついてしまう治療です。
一般の患者様に、歯科医師の矯正治療のレベルを知ってもらうため、日本矯正歯科学会が次のような資格制度を創設しています。

「一般学会員」

会費を支払えば誰でもなることができます。

「認定医」

以下の条件を満たしているもの。

  • 5年以上日本矯正歯科学会の会員であること
  • 2年以上大学の矯正科で研修した後、指導医の下で3年以上矯正歯科に専従すること
  • 学会誌に論文を発表し、試験に合格すること

矯正治療を受けられるのであれば、矯正認定医のいる歯医者さんで治療を受けることを強くお勧めいたします。

当院の矯正担当医は、認定医の資格を保有しておりますので、安心して治療を受けていただけます。

矯正治療が必要な歯並びとは?

さて、矯正治療が必要と言われる歯並びはどのようなものがあるのでしょうか?
代表的な歯並びをご紹介します。

  • 出っ歯

    出っ歯

    皆様が良く知っている歯並びですね。上の前歯が下の歯よりも大きく前に出ている歯並びです。

  • 開咬

    開咬

    上の歯と下の歯が咬み合わず、隙間があいている歯並びです。

  • 受け口

    受け口

    下の歯が上の歯よりも前に出ている歯並びです。

  • 叢生

    叢生

    歯が様々な角度で生えてしまっている歯並びです。

  • 正中離開

    正中離開

    上の前歯が、お互いに反対を向いてしまっている歯並びです。

いかがでしたでしょうか?
上記に該当する場合は、1度、歯科医院で診てもらうことをお勧めします。
当院では相談は無料です。

次節は当院が行っている矯正治療についてお話します。

痛みの少ない治療法-「エッジワイズ法」

矯正治療にもいろんな種類があるって知っていましたか?
このなかで最も普及しているのが、エッジワイズ法というものです。
これは、断面が四角いワイヤーを歯に装着した装置の溝の中に入れることにより、歯を3次元的に動かすことができることになります。

矯正治療というと、「痛い」というイメージがあると思います。
昔は、1週間ぐらいは痛くて「おかゆ」しか食べられないといわれました。
でも今は、ちっとも痛くなかったとおっしゃる患者さんもいるぐらいです。

これは「矯正治療は痛い」とは一概には言えなくなってきていることの表れと言えるでしょう。その理由をご説明します。

技術・治療法・素材の進歩が主な理由となりますが、なかでも「ローフリクション」という考え方が治療に広く取り入れられるようになってきていることが大きいと言えます。

歯が移動するときは、ブラケット(歯に取り付ける装置)の溝の中をワイヤーがすべることになるのですが、ブラケットの溝とワイヤー間での摩擦力が強い場合はワイヤーがなめらかに滑ってくれません。そうなると歯の移動は起こりませんよね。
そこで、この摩擦力を減らす考え方がローフリクションになります。

摩擦力は、ブラケットの溝とワイヤーを結びつける力の強さに比例します。
ですので、いかに弱い力で結ぶかということが摩擦力の軽減につながります。
「弱い力で結ぶ」とうことは「歯に加える力が小さくなる」と同じことになりますので、結果として治療中の「痛み」も小さくなるのです。

目立たない矯正装置はありますか?

もちろんございます。
一般的な矯正装置は「金属」の装置(ブラケット)を使います。それですと笑った時に目立ってしまい、見栄えが悪いのは否めません。
そこで、極力目立たないような矯正装置が開発されています。
大きく分けて次の3つが代表的なものです。

  • 金属の部分が「クリア(透明、白っぽい)」もの
  • 歯の「裏側(舌側)」に矯正装置をつけるもの
  • 「クリア」タイプと「裏側」タイプの併用
  目立たない デメリット

「クリア」ブラケット
「クリア」ブラケット


(ワイヤーが若干気になります)

・装置が壊れやすい。
・歯を傷つけることがある。

「裏側(舌側)」ブラケット
「裏側(舌側)」ブラケット

◎◎
(正面からは全く見えません)

・慣れないうちは装置が舌にあたってしゃべりにくい。
・治療期間が若干長くなる。
・治療費が高額。

「併用」
「併用」


(片顎のワイヤーが若干気になります)

上記2つと同様。

矯正治療の流れ

  1. 1.相談(初回は無料です)

    お悩みやご希望をお聞きします。
  2. 2. 精密検査~カウンセリング

    精密検査の結果をもとに、矯正治療全般に関して詳しくご説明をいたします。
    少しでも疑問点がございましたら、再度ご説明し納得いただいたうえで、治療を開始するかどうかのお返事をいただきます。
    ※もちろん、この段階で治療を受けないという選択をしていただいても全く構いません。
  3. 3. 治療開始

    歯に装置をつけ、歯に力を加え始めます。
  4. 4. 通院

    矯正治療のために毎月1回通院して頂きます。
  5. 5. 治療終了

    矯正装置を外します。但し、そのまま外しただけですと後戻りという現象を起こすため、保定装置(取り外し可能な装置)を装着して頂きます。
    ※保定装置は症例にもよりますが、1~3年主治医の指示に従って使用して頂きます。
    使用しないと後戻り(歯並びが悪い状態に戻ること)を起こし、再度矯正をする必要が出てきます。
  6. 6. メインテナンス

    保定装置の使用を確認後、当院のメインテナンスを定期的に受診して頂き、保定装置を終了する時期まで、経過を観察していきます。

矯正治療に威力を発揮する「セファロ」

セファロ

セファロはレントゲンの一種ですが、普通のレントゲンが歯の全体あるいは上下の顎の画像を撮るのに対し、頭部全体を正面と横から撮影します。普通のレントゲンは患部の状態をみたり、歯の根の治療で根まで薬剤がきちんと入っているかのチェックなどに使用されますが、セファロは歯の位置を測定し、矯正でどのように歯を動かしていくのか、矯正でどのように歯が動いたかを数値的に知ることができます。セファロで詳細な情報を知ることで、より安全かつ確実な治療を行うことにつながります。セファロで採取されたデータで分析することで矯正治療をどのように行っていくか、歯はどのように移動するかを患者様もより視覚的に判りやすく知ることができます。矯正治療ではこの他CTにより3次元画像で立体的に歯の状態を調べることも行われます。機器の進歩で矯正治療も経験と勘に頼るだけでなく、コンピューターによる数値的な分析が可能になってきているのです。
マナミ歯科クリニックではレントゲン、CT、セファロが一体型で組み込まれているシロナ製のORTHOPHOSを導入しています。画像は患者様ごと他の口腔内写真とともにコンピューターに蓄えられ、日々の治療のレベルアップに貢献しています。

料金表

料金表はこちら

コラム

悪い歯並びは百害あって一利なし!

多くの方は、一度は矯正治療を受けようと考えたことがあるようです。
しかし、実際には「もう少し様子を見よう」、「お金もかかりそうだし、今すぐ不都合があるわけではないからいい」といった理由で、治療を受けないケースが多いようです。

しかし、歯科医師の立場として、こうした判断は非常に大きな不利益を被る可能性もあるということを伝えるようにしています。
代表的なものだけでも下記にあるように様々な弊害が考えられます。

悩んだ人形の画像
  1. 歯並びの悪さからくる顔の歪み
  2. 容姿が周囲に与える印象
  3. 本人が受ける心理的なコンプレックス
  4. 早期に歯を失うリスク
  5. 歯周病リスクの増大
  6. むし歯リスクの増大
  7. 口臭リスクの増大
  8. 発音障害

歯を抜かずに矯正治療はできますか?

よく、「歯を抜かなければ矯正治療は出来ないですか?」と患者様から聞かれることがあります。確かに歯を抜かずに矯正したいですよね。歯の大切さを一番理解している私たちも同じ意見です。
しかし、矯正治療に関しましては、「歯を抜かない」という選択肢は必ずしも良い結果が生まれるとは限りません。とくに大人の治療においてです。
その理由をお伝えします。

お子さんの矯正治療に関しては、「成長力」を利用し、あごの大きさをコントロールすることで、歯を抜かずに矯正治療ができるケースが存在します。
しかし、大人の場合はあごの成長が既に止まっているので、あごのスペースを広げたりすることはできません。

椅子

簡単な例で説明しますと、歯並びが悪い状態とは、3人掛けの椅子に4人が座ろうとしている状態です。
お子さんの場合は、椅子を大きく作り替えて4人座れるようにすることが可能です。
しかし、大人の場合は残念ながら椅子を作りかえることはできません。
椅子である「あご」の成長がとまってしまっていることが原因です。ですので、綺麗に歯を並べるためには、抜歯が必要になることがあります。

もし、抜歯しなければならないケースで抜歯を行わない場合はどうなると思いますか?
さっきの例えばなしでお話ししますと、3人掛けの椅子に「ムリムリ」4人が座ることになりますので、綺麗に座ることができません。つまり、歯並びも同じで、綺麗に並べることはできませんし、必ずどこかに無理が生じてしまいます。

しかし、必ず抜歯をしなくてはならないということではありません。治療前の検査で歯やあごの大きさなどを検討したうえで抜歯をするかどうかを決めますので、ケースによっては抜歯をしなくとも問題ない場合もあります。

また、矯正治療の常識では、「親知らず」は抜くものと考える先生は多いようです。
しかし、親知らずがしっかり生えてくるスペースがある場合は抜歯する必要はありません。また、前方に傾斜しているような親知らずでも、起こしてやれるような場合は、極力抜歯せずに起こすようにしています。

このように、「歯を抜くのか抜かないのか」ということは、実際に患者さんのお口の状態を見たうえで判断することになりますので、お電話だけでは判断はできないわけです。歯を抜くのかどうか、抜くのであればどの歯を抜くのかについては、実際のお口の中と相談ということになるわけです。

治療のゴールとは・・・・?

治療のゴールは、いい歯並びであることに違いはありません。
それではいい歯並びとはどういうものでしょうか。

でこぼこがない
すきまがない
上下の歯がかみ合っている。
前後的に不調和がない

こんなところでしょうか。

でも、これは「見た目」の問題だけのことで、実際に物をかむという機能が伴っていなければならないことは当然ですよね。そのためには、より多く上下の歯が接触することが必要ですが、同時に、咬んだときに痛みや違和感があってはなりません。

実は、歯が原因の頭痛や肩こりといったものがあります。頭痛のうちの3分の2が歯に起因するということを言う人もいるぐらいですから、その影響は小さくはありません。

頭痛と歯との因果関係はいまだによくわかったとは言い切れません。ただ、近年、口腔顔面に生じる痛みは、歯の打撲として捉える説が言われています。不適切な咬合により、歯が打撲を起こすことが、口腔や顔面に痛みを引き起こすのではないかというのです。したがって、こういった不適切な咬合の排除ということも、治療のゴールには欠かせない要件といえるでしょう。

矯正歯科Q&A

  1. 矯正治療の相談をしたいのですが、どうすればいいですか
  2. 初診相談は、料金がかかりますか
  3. 矯正治療の装置をつけている期間を教えてください
  4. 通院の頻度はどれぐらいですか
  5. 矯正治療は何歳までできるのですか
  6. 虫歯や歯周病が発見された場合でも、矯正できますか
  7. 矯正は痛みがありますか
  8. 食事や歯みがきは、今までと同じでよいのでしょうか
矯正治療の相談をしたいのですが、どうすればいいですか?
当院に電話またはメールでご連絡いただき、矯正治療相談の予約が取りたいという旨を伝えて下さい。相談時間は1時間程度の時間が必要となります。
初診相談は、料金がかかりますか?
3,000円(税別)頂いております。
矯正治療の装置をつけている期間を教えてください
矯正治療の期間は、開始年齢や歯並びの状態で大きく異なりますので、ここでお答えはできません。初診相談で、大まかな治療期間についてお伝えいたしますが、実際には検査をして治療計画を決定しないと、詳しくはお答えできないことが多いです。矯正治療をしている人に聞いたりするのではなく、当院に直接伺っていただき、相談の上、確認を御願い致します。
通院の頻度はどれぐらいですか?
一般的に固定式矯正装置を付けている時は、月に1回の間隔が多いです。矯正装置を付けていない状態で、歯の生え変わりを待っているときは3ヵ月~6ヵ月の間隔で、検診を受けます。矯正治療が終わり、リテーナー(保定装置)を使用する保定期間では、4ヵ月~6ヵ月の間隔です。
矯正治療は何歳までできるのですか?
歯や歯茎が健康であれば年齢は関係なく、何歳でも治療はできます。しかし歯の本数が少ない、インプラントがある(矯正用インプラントを除く)、歯周病であるなど年齢以外のことで、矯正治療ができない場合もあります。
虫歯や歯周病が発見された場合でも、矯正できますか?
矯正の前に歯の検査をします。そこで虫歯や歯周病が発見された場合は、先に必要な治療をすませてから矯正治療を行ないます。
矯正は痛みがありますか?
矯正治療は、痛みを伴うことが通常です。痛みには、2種類あります。
1つ目は、歯が移動する際に炎症反応が起こり、歯が痛くなると考えられています。具体的には、上下の歯を当てると痛い、強く噛むと痛い、食いしばると痛いという感じが2日~10日間程度続きますが、普通は3日ぐらいで痛みが消失します。また、ワイヤーを交換し、歯を動かす力が強くなると再び痛みを感じるようになります。この痛みは、矯正装置が進歩発展し、歯に加わる力が弱くなったため、従来の矯正治療と比較すると軽くなりました。中には全く痛みを感じない人もいますし、非常に痛がる方もいます。個人差が大きいので、3日~10日間程度と説明しています。
2つ目は、装置が唇や、頬の内側の粘膜に当たり痛みを感じることがあります。
この場合は口内炎ができたり、粘膜に傷が付き出血したりすることもあります。
応急処置として、装置が当たる部分にワックスという粘土のようなもので、装置を覆い、装置が粘膜に当たるのを防ぐ方法があります。また、装置を削ったり、ワイヤーにカバーをしたりすることで対応していきます。
食事や歯みがきは、今までと同じでよいのでしょうか。
矯正装置によっても多少の違いはありますが、普通の食事であれば問題はありません。
しかし、装置をつけているので、歯みがきには工夫がいります。みがき方の指導をいたしますのでご安心下さい。

このページの先頭に戻る