審美歯科 / esthethics|マナミ歯科クリニック 東京都 中野区 歯医者 歯科医院 土日診療 中野駅南口

24時間予約受付
初めての方専用

キービジュアル

審美歯科治療は、単に歯を白くするだけのものではありません。
「健康」にも配慮した、体に優しい治療です。

審美歯科治療をされた患者様の声

※症例により個人差があります。

マナミ歯科クリニック関連動画はコチラ

まず初めに、こちらを必ずお読みください

「保険適用」と「保険適用外」の治療では何が違うの?

健康保険制度は、国民全員が等しく治療を受けることができる制度です。

その反面、保険適用の歯科治療においては「かめる」という最低限の機能を取り戻すことに主眼が置かれているため、使われる材料や治療方法は20年から40年ぐらい前のものに限定されています。

このため、「自分の歯と区別がつかないような治療をしたい!」「芸能人のような透きとおる歯にしたい!」という「美しさ」を追求するご要望には保険が適用されない全額自己負担での治療を受けていただくことになります。

では、全額自己負担の審美歯科治療と保険適用範囲内の治療ではどのような違いがあるのでしょうか。以下、ご説明します。

見た目の美しさ

患者様にとって一番わかりやすいのは、経年劣化(けいねんれっか)とよばれる治療経過後の見た目の変化だといえます。その違いは写真で確認いただくと一目瞭然です。

【レジン(保険)とセラミック歯(保険外)の経年変化の比較】

①経年劣化

手前3本がセラミック
①:5年経過後
②:3年経過後
③:装着直後

②経年劣化

中央から左3本レジン
中央から右3本セラミック

③経年劣化

手前3本がレジン
①:5年経過後
②:3年経過後
③:装着直後

保険治療ではレジン(プラスチック)が用いられます。
それに対して保険適用外の審美歯科治療では、セミラック(陶器)やジルコニアといった材料が使用されます。

レジン(プラスチック)は性質上、食事をするたびに水分を吸収してしまうため、時間の経過とともに見た目が劣化してしまいます。
一方、セラミック(陶器)は見た目が劣化しないことが最大の特徴です。

また、患者さんにとって分かりづらい部分で、是非とも歯科医師として主張しておきたいのは、審美歯科治療は見た目の美しさだけではなく、「体への優しさ」にもつながるという事実です。

審美歯科治療が身体への優しさにつながる?!

保険適用範囲内で認められている、いわゆる「銀歯」は、見た目に違和感があるだけではなく、金属イオンが体内に流出することで身体に悪影響を及ぼすことが知られています。金属イオンが身体に及ぼす影響は人によって様々ですが、場合によっては金属アレルギーによる発疹(ほっしん)が起きることがあります。
また、金属イオンが歯ぐきに沈着することによって歯と歯ぐきの境目に黒い線ができてしまうブラックラインも金属イオンの弊害の一つであり、近年では身体への優しさにこだわったメタルフリー治療(金属を一切使わない治療)を全額自己負担であっても希望される方が非常に増えています。

【ブラックライン】
ブラックライン
※表面は白色のかぶせ物ですが、内側に金属を使用している素材なので、歯ぐきにブラックラインが生じてしまっています。

全額自己負担の審美歯科治療と保険適用範囲内の治療に関してご理解いただけたでしょうか?
次節からは、当院の審美歯科治療における考えをお伝えし、あなたに一番適した審美歯科治療は何なのかをお伝えしていきます。

当院の審美歯科治療における4つの特徴

Point1 – カウンセリングの徹底

徹底したカウンセリング(1時間~2時間)に基づいた治療計画を立てます。
歯を綺麗にするとしても、何通りかの治療法があります。
お悩み、ご要望なんでもお話しして頂くことで、患者さまのベストな治療法に近づきます。

Point2 – 女性である院長が治療を担当

院長

女性ならではの視点・感性で「綺麗・美しい」をご提案することができます。
歯は真っ白にすればいいというものではありません。
個人個人歯の色は異なりますし、他の歯の色との調和が大切です。また、歯の大きさ・形状・傾き等も均一ではありませんので、たとえ1本の歯の治療であっても、お口の中のバランスをトータルに考え、歯を設計する必要があります。これには技術はもとより、術者の「センス」が非常に要求されます。

Point3 – 総合的な提案が可能

噛み合わせ

審美歯科治療をしたことにより、肩こり・腰痛・頭痛などが発症することが稀にあります。これは治療により「咬み合せ」がくるってしまったことに原因があることがあります。
今や審美歯科治療というと、患者さまも歯科医師も「歯を白く・綺麗にする」ということを第一優先としてしまっている事実があります。

歯は白くなったものの、健康を害してしまっては本末転倒ですよね。審美歯科治療では「歯の美しさ」も大切ですが、同じくらいに「咬み合せ」も考慮した治療計画を立てなければなりません。
また、治療される方の生活習慣、年齢、性格、顔の輪郭、雰囲気、肌の色、よくつける口紅の色などによっても提案内容が変わってきます。
これらをトータルに把握し、患者さまに一番合ったものを提供するのが本当の審美歯科治療だと考えます。

Point4 – プライバシーへの配慮

人に見られたくない、聞かれたくないとうご要望もあると思います。
その際は、時間を調整し、長時間のカウンセリングも受け付けております。

あなたに適した審美歯科治療は・・・?

「小さな」虫歯を綺麗に治療したい・欠けてしまった歯を綺麗に治療したい
「小さな」虫歯を綺麗に治療したい・欠けてしまった歯を綺麗に治療したい
「中くらい」の虫歯を綺麗に治療したい・「つめ物」を白くしたい
「中くらい」の虫歯を綺麗に治療したい・「つめ物」を白くしたい
「大きな」虫歯を綺麗に治療したい・「かぶせ物」を白くしたい
「大きな」虫歯を綺麗に治療したい・「かぶせ物」を白くしたい
歯を削らずに白くしたい方
歯を削らずに白くしたい方

「小さな」虫歯を綺麗に治療したい・欠けてしまった歯を綺麗に治療したい

このような状態の方が対象となります。

  • 小さい虫歯

    小さい虫歯
  • かけた歯

    かけた歯

2通りの治療法が存在します。

コンポジットレジン充填(保険適用)

レジン充填

これは保険適用の治療となります。

メリット

・保険適用なので安い。
・銀歯と比べて審美性に優れる。

デメリット

・時間の経過とともに変色する。
・摩耗しやすい(耐久性がない)。

ナノハイブリッドコンポジット(NHC)充填(保険適用外)

beforeafter

これは保険適用外の治療となります。

メリット

・コンポジットレジン(保険適用)と比べて審美性に優れる。
・変色しにくい。
・お値段がお手頃。

デメリット

・コンポジットレジン(保険適用)と比べると、若干の割高。

コラム-「ナノハイブリッドコンポジット(NHC)」とは?

皆様には、聞きなれない言葉かと思います。
それもそのはず。これは最近開発された治療法で、導入している医院は全国でもほとんどありません。
この治療法の特徴を説明するには、以前までの治療法を交えながらお話しした方がわかりやすいかと思います。

以前までは、小さな虫歯を綺麗に治療したい・欠けてしまった歯を綺麗に治療したいというご要望には、コンポジットレジン充填治療をご提案していました。
この治療法は、保険適用なので安く、銀歯と比べて審美性に優れるなどのメリットがありましたが、変色してしまうというデメリットが存在していました。
しかし、ナノハイブリッドコンポジット治療が開発されたことにより、コンポジットレジン充填治療よりもはるかに審美性が向上し、変色しにくい治療が可能となっています。

しかし、コンポジットレジン充填よりも劣る部分が1点存在します。それは「価格」です。
コンポジットレジン充填治療は保険適用の治療ですので安価です。ナノハイブリッドコンポジットは保険が適用されません。
しかし、驚くような高額治療ではなく、お手頃な価格でご提供が可能となります。

「中くらい」の虫歯を綺麗に治療したい・「つめ物」を白くしたい

このような状態の方が対象となります。

  • 中くらいの虫歯

    中くらいの虫歯
  • 銀歯①

    銀歯①

2通りの治療法が存在します。

ナノハイブリッドコンポジット(NHC)充填(保険適用外)

beforeafter

これは保険適用外の治療となります。

メリット

・審美性に優れる。
・変色しにくい。
・お値段がお手頃。
・摩耗しにくい(耐久性がある)。
・1回の来院で終了する。
・削る歯の量が少ない。

デメリット

・セラミックインレーと比べ、若干の変色がある。

セラミックインレー(保険適用外)

セラミックインレー

これは保険適用外の治療となります。

メリット

・審美性に優れる。
・変色しない。
・摩耗しにくい(耐久性がある)。

デメリット

・値段が高い。
・2回の来院が必要。
・ナノハイブリッドコンポジット(NHC)と比べて、削る歯の量が多い。

コラム-「ナノハイブリッドコンポジット(NHC)」とは?

皆様には、聞きなれない言葉かと思います。
それもそのはず。これは最近開発された治療法で、導入している医院は全国でもほとんどありません。
この治療法の特徴を説明するには、以前までの治療法を交えながらお話しした方がわかりやすいかと思います。

以前までは、中くらいの虫歯を綺麗に治療したい・つめ物を白くしたいというご要望には、セラミック治療をご提案していました。
この治療法は、変色しない、審美性に優れる、金属アレルギーが生じないなどのメリットがありましたが、値段が高価、歯を少し大きく削る必要がある、2回の来院が必要というデメリットが存在していました。
しかし、ナノハイブリッドコンポジットという治療法が開発されたことにより、セラミック治療のメリットを維持しながら、デメリットを全て克服することが可能となりました。

しかし、1点セラミックインレーに劣る部分があります。それは「変色」です。
セラミックインレーはその性質上「変色」しません。しかし、ナノハイブリッドコンポジットは「変色しにくい」にとどまります。

「大きな」虫歯を綺麗に治療したい・「かぶせ物」を白くしたい

このような状態の方が対象となります。

  • 大きな虫歯

    大きな虫歯
  • 銀歯②

    銀歯②

2通りの治療法が存在します。

硬質レジン前装冠(前歯のみ適用)(保険適用)

硬質レジン前装冠

これは保険適用の治療となります。前歯のみ適用です。

メリット

・保険適用なので安価。

デメリット

・変色しやすい。
・汚れが付きやすい。

セラミッククラウン(保険適用外)

セラミッククラウン

これは保険適用外の治療となります。

メリット

・審美性に優れる。
・変色しない。
・摩耗しにくい(耐久性がある)。
・汚れが付きにくい。

デメリット

・値段が高い。

「セラミック」といっても、数種類のセラミックがあります

実は、セラミックの中にも様々な種類があります。
それぞれ特徴があることをまず知って頂きたいと思います。

ハイブリッドセラミックス メタルボンドセラミック オールセラミック
ハイブリッドセラミックス メタルボンドセラミック オールセラミック
【特徴】
セラミックとプラスチックの混合物。金属を用いていないので金属アレルギーの心配はありません。しかし、プラスチックの性質も有しているので変色の可能性有り。
審美性はオールセラミックより劣ります。
【特徴】
表面はセラミックですが、歯の裏側に金属を使用します。よって、金属アレルギーの可能性があります。しかし、金属を使用しているので強度に優れます。審美性はオールセラミックより劣ります。
【特徴】
素材はセラミックだけで出来ています。よって、金属アレルギーの心配はありません。また、審美性はこのなかで一番優れています。 昔は固いため割れやすく、奥歯には適さないといわれていましたが、現在は素材の進歩により奥歯でも見問題なく使用できます。ただし、極めて硬いため、噛み合わせに対する配慮が必要です。

この3つの中で、最高素材と言われていたのが「オールセラミック」です。
しかし、割れやすいというデメリットが存在しました。

最近では、オールセラミックの「割れやすい」というデメリットを克服した素材が開発されました。それがジルコニアセラミックです。
ジルコニアは「人工ダイアモンド」として知られており、最高クラスの強度・審美性・生体親和性(体への優しさ)を持ち合わせ、今やオールセラミックに代わる最高素材と言われています。

ジルコニアセラミックの特徴

ジルコニア

―以前のオールセラミックよりも優れた審美性
―強度と柔軟性を併せ持つ
―金属アレルギーが生じない
―変色しない
―汚れがつきにくい

つまり、全てのセラミックの「いいとこ取り」したものが「ジルコニア」と考えていただいても良いと思います。

コラム-「セラミック治療でプチ矯正!!」

「歯並びがガタガタです。長い期間のかかる矯正治療ではなく、審美歯科治療でも対応可能と聞いたのですが、本当でしょうか?」

このような質問を受けることがあります。
結論から申しますと、審美歯科治療でも歯並びを改善することは可能です。
しかし、それぞれの治療のメリット、デメリットをまず理解して頂くことが大切となります。

矯正治療は審美歯科治療と異なり、基本的に歯を削ったり神経の処置をせず、歯を移動させて歯ならびを正常の位置に導いていく方法で、「歯」自体には一番負担のかからない治療法です。多少の期間はかかりますが、最終的には本当にきれいな歯列に改善することができます。何よりも素晴らしいのは、一生自分の歯でいられるということです。

しかし矯正もいいことばかりではありません。
期間が比較的長いこと、個人差はありますが若干の痛みをともなうこと、器具が見えて格好悪いことなど、主に精神面でのマイナスの要素があります。

そこで「歯の色と歯ならびを短期間に」という条件に合う方法としてご紹介するのが「オールセラミッククラウン法」です。
これは歯の全面にセラミックをかぶせ、しっかり固定する方法です。どんな色や形も自由自在に表現することができます。審美的には現在もっとも進んでいる治療法のひとつといえるでしょう。

ラミネートべニア法

また、もっと簡易的な治療法として「ラミネートべニア法」があります。
歯を薄く削り、付け爪のようなもの(セラミック)を貼りつける治療法です。

いずれの治療法も一長一短がありますので、まずは医師に相談してみてください。
治療期間、費用などを総合的に検討して、納得のいく方法をとられるといいと思います。

審美歯科は、優秀な「歯科技工士」とのチームプレイ

審美歯科治療は歯科医師1人で行うものではありません。
歯科技工士という方と共に行っていきます。

当院では「ステップ・デンタル・アート(S.D.A)」という技工所さんと提携しています。
精密な作業に定評があり、毎回、技術力の素晴らしさには感嘆させられています。
当然、患者様からの評判もよく、安心して任せられる技工所さんです。
今回は代表の吉岡仁志氏に取材をしてきました。

歯科技工士になられたきっかけは?

もともと手先が器用だったことと、美術の成績もよかったこともあり(笑)、それを生かせる職業を探していました。
色々悩んだのですが、結局はこの仕事が「おもしろそうだな」と思ったのが切っ掛けですね。

このお仕事をしていての「面白み」「やりがい」などはありますか?

歯科技工士1

私はセラミックなどの審美関係を専門に手掛けています。
いつも心掛けていることは、「いかに天然の歯に近づけるか・・・」ということです。
ですので、天然の歯と遜色ないものが作れた時が「よしっ!」と思いますね。
天然歯は人によって本当に千差万別です。
傾き、色、形、大きさすべてが違います。
同じ歯は1つとありません。毎回毎回がオリジナルであり、真剣勝負となります。
それを「苦」とする人もいると思いますが、私にとっては「面白み」ですね。
毎回、良い緊張感を持ち、新鮮な気持ちで仕事に打ち込める。
職人かたぎの人間にとっては良い環境かと思います。

この仕事に対して何かこだわりはありますか?

歯科医師、そして患者様が満足して頂くものを作る。これに尽きますね。
そして、月並みですが、先生、患者様に喜ばれた時、これが最高の瞬間です。

この仕事は技術職でもあり、ある意味「芸術的」なセンスも要求されます。
中には自分の個性を全面に打ち出してしまう歯科技工士の方もいますが、私はそのような事はしません。自分がいくら「良い」と思っても、患者様がそう思うとは限らないからです。「患者様の要求に100%お応えする。」これが私のこだわりです。

技術力に自信はありますか?

さすがに、自分では言えませんね・・・・(笑)
しかし、多くの先生から他の先生を紹介していただけるので、私の仕事に信頼を置いて頂いているのかなとは感じます。
これで勘弁して下さい(笑)

最後にHPを見てくれた方に一言お願い致します。

歯科技工士2

私も先生も、「しっかりした仕事」を追求しています。
自分たちの中での100%ではなく、患者さまにとっての100%をこれからも提供させて頂きたいと考えております。

料金表

料金表はこちら

審美歯科Q&A

「ホワイトニング」と「審美歯科」の違いは何でしょうか?

簡単に言ってしまいますと2つの点で違いがあります。

1つ目は、「審美歯科治療」はごく少量でありますが、歯を削る必要があります。
「ホワイトニング」は薬剤などを用いて歯に化学変化を起こし白くしますので、歯を削る必要はありません。

2つ目は、「審美歯科治療」はあなたの好みの色を再現することが可能で、時間が経過しても治療時の色を保ち続けることができます。
「ホワイトニング」では歯の質や治療回数などにより白さの度合いは個人個人異なってきます。また時間の経過とともに白さが失われていきます。

このように治療法で一長一短がありますので、どの治療法の方がいいかは一概には言えません。担当医と相談してからの選択をお勧めいたします。詳細はホワイトニングを参照下さい。

このページの先頭に戻る