マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

一生使えるインプラントのためにーインプラント周囲炎を防ぎましょう

2018.06.03

インプラントは優れた治療法だが


インプラントは歯を失った時、天然歯とほとんど変わらない咀嚼力を取りもどす大変優れた治療法です。反面、インプラントに不安を持つ人も少なくありません(インプラントは失敗しませんか?).しかし、インプラントに関する心配の多くはチタンネジを骨に受けこむという施術の部分に集中しています。

インプラント施術はCTでの診断、術前のシミュレーションやガイドオペなど、高度な治療技術が導入されてくることで失敗のリスクは大幅に小さくなっています。

インプラント施術のリスクは大幅に小さくなっている


しかし、インプラントはチタンネジを埋入し、上部構造の人工歯を装着すれば終わりではありません。なぜなら人工歯は虫歯になることはないのですが、歯周病にはなるからです。ただインプラントの場合は歯周病とは言わずインプラント周囲炎と呼びます。インプラント周囲炎は基本的には歯周病です。歯茎が歯周病菌(歯周病も虫歯と同様に口腔内の細菌が引き起こす疾患です)に侵され、歯槽骨が失われます。

インプラントで使用するチタンネジは歯槽骨と呼ばれる歯の土台となる骨に埋め込まれます。歯槽骨が歯周病で失われると最後は歯を失うことになりますが、インプラントの場合も同様にチタンネジを骨が支えきれなくなり、インプラント自体がダメになります。

インプラント周囲炎は普通の歯周病より歯茎が赤くなったり、腫れたりすることが比較的少ないという特徴があります。これは一見良いことのようですが、サイレントキラーと呼ばれる歯周病以上に静かに症状が進行する危険があるのです。

インプラント周囲炎の予防は基本的には歯周病予防と変わりません。プラークコントロールと歯石除去を定期的に行うことが大切です。インプラントは虫歯にならないからといって、歯磨きを怠ってはいけません。

インプラント周囲炎が普通の歯周病と大きく異なるのは、疾患の進行の速さです。インプラント周囲炎の進行は通常の歯周炎の10−20倍の速さになるという報告もあります。インプラントは施術だけでは終わりません。きちんとしたメンテナンスが何より大切なのです。

インプラントはメンテナンスが大切