マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

見直されるサホライド

2019.09.04

サホライドは虫歯の進行を止める


サホライドは虫歯の進行を止めたり、知覚過敏を抑制する薬剤です。サホライドは商品名で、成分はフッ化ジアンミン銀という銀とフッ素を含んだ化合物ですが、強い殺菌作用があり、その力で虫歯菌の働きを止め虫歯の治療を行うことができます。

また、サホライドは、銀による蛋白固定、フッ化物による不溶性塩の生成により、象牙細管を閉塞します。象牙細管というのは歯の表面のエナメル質の下にある象牙質にある細い管で、この管を通して冷水のような刺激が象牙質の中の歯髄という神経や血管を収められている部分です。象牙細管が塞がれることで、歯髄が刺激されて起きる知覚過敏を弱めることができます。

サホライドは歯面に塗布して使用します。フッ素も歯面に塗布して虫歯予防を行いますが、フッ素塗布が歯の表面の硬くして虫歯を防ぐのに対し、サホライドは虫歯菌そのものを抑えることで虫歯の治療ができます。この治療は歯を削らずに行えるので、歯の治療が難しい幼児の虫歯治療には大変有効です。

虫歯は初期のうちであれば再石灰化の働きで削らずに治療することができますが、ある程度進行すると虫歯に侵された部分を削る必要があります。削らずに虫歯を治療する薬剤は事実上サホライドだけと言っても良いでしょう。

サホライドは歯科治療の難しい幼児を中心に使われてきた


優れた薬効を持つサホライドですが、幼児を除けばそれほど広く利用されてはいません。その大きな理由はサホライドに含まれる銀のために患部が黒くなってしまうことです。このため前歯などに使用すると治療箇所が黒く目立ってしまいます。ただし,黒くなるのは虫歯の部分だけで他は黒変しません。

サホライドを塗布すると患部が黒く染まる


サホライドにより虫歯の患部が黒くなる性質を利用して、虫歯の部分を特定することで虫歯治療のために歯を削る量をできるだけ少なくすることに利用する場合もあります。しかし、一般にはサホライドではなく虫歯検知液が同じ目的で使用されています。

幼児の虫歯治療に主に使われるサホライドですが、最近高齢者の虫歯治療に使用し良い結果を得ていることが報告されています。高齢者は口腔内状態を良好に保つための歯ブラシが難しい場合もあり、歯科医院に通院することも困難なことも少なくありません。サホライドはそのような高齢者の口腔ケア、虫歯治療に大きな効果を発揮します。

高齢者は歯茎が下がって、歯根が露出していることが多いのですが、歯根の部分の小さな虫歯が口腔ケアが十分でないと発生しやすくなります。見た目の問題はありますが、削らない虫歯治療が可能なサホライドは効果的です。サホライドは幼児と高齢者という自分で口腔ケアを十分に行えず治療も困難なケースでは大きな力を発揮してくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA