初めての方
専用予約
電話番号

中野の歯医者マナミ歯科クリニック

                 
  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

スケーリング後の気になる症状

2021.10.04

 

歯石を取り除く「スケーリング」の後には、いくつか気になる症状が現れることがあります。例えば、冷刺激に対して敏感になる「知覚過敏」は、冷たい飲み物や食べ物を口にしづらくなるため、不自由を感じることかと思います。

 

これはスケーリングによって歯石が除去され、歯根面が露出されば場合に起こりやすい症状です。歯根面はエナメル質が分布しておらず、外からの刺激を受けやすくなっています。歯石そのものは有害なのですが、一部の例においては外からの刺激を遮断する役割を果たします。ですから、治療のために行った歯石除去が知覚過敏という新たな症状を引き起こしてしまうケースもあるのです。

 

歯石を取ると知覚過敏が起きることがある

 

ただし、それはあくまで一時的な症状であり、歯根面をフッ素塗布などで強化することで知覚過敏の症状は和らいでいきます。病原性の物質である歯石がなくなることで、歯肉の状態も良くなります。

 

スケーリング後に“歯と歯のすき間が広がった”と感じる方も多いです。歯周病が進行すると、歯肉が退縮し、歯間距離が広くなったように見えます。ところが、歯石がたくさん形成されていると、歯と歯のすき間が隠されるため、一見すると変化がないように見えます。その結果、スケーリングを行ったことで歯間距離が広くなってしまったと勘違いしてしまうケースが多々あるのです。

 

歯石というのは細菌の温床となる有害な物質ですが、歯周病の症状を隠す働きもあります。それは決してプラスの働きではなく結果的には明らかにデメリットでしかないので、スケーリングは積極的に受けるべきです。一時的には症状が悪化したように見えますが、健康な歯周組織を取り戻す上でそれは避けることのできないプロセスなのです。