初めての方
専用予約
電話番号

中野の歯医者マナミ歯科クリニック

                 
  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

ホワイトニングとセラミック治療はどちらを先に行うべき?

2021.01.03
歯の色はセラミックでは多数の中から選ぶことができる

 

ホワイトニングとセラミック治療の両方を検討している人は、どちらを先に行うべきか悩んでいるかもしれません。いずれも白い歯に仕上げることができる審美治療ですが、順番を誤ると、意図した治療効果が得られないことがあるため要注意です。

 

この2つの治療を検討している場合は、基本的にホワイトニングを先に行います。ホワイトニングは、手軽に歯を白くできる治療法ですが、色の調節が難しいという欠点があります。ホワイトニング剤によって歯がどのくらい白くなるかは、施術してみなければわからないのです。

 

レーザーホワイトニングの施術

 

歯質によっては極めて高いホワイトニング効果が得られることがありますし、その逆もあり得ます。また、強い知覚過敏の症状が現れて、施術を中断しなければならないリスクもゼロではありません。そうした不確定要素が多いホワイトニングは、先に行っておく方が賢明といえます。

 

ホワイトニングによって色調が安定したら、いよいよセラミック治療を行います。セラミック治療は、色の調整がしやすく、ホワイトニングによって白くなった歯に色調を合わせることが可能です。ただし、ホワイトニングのように繰り返し処置を施すのは困難であるため、1回の治療で理想の形や色に仕上げる必要があります。

 

なお、ホワイトニング効果が見込めるのは、あくまで天然の歯質です。セラミックやレジンといった人工物は、ホワイトニング剤によって漂白できません。これもまたセラミック治療を後に回す理由のひとつといえます。

 

ホワイトニングとセラミック治療を併せて行いたい人は、施術の順番に注意する必要があります。原則としてホワイトニングから行うこととをお勧めします。ただ、ホワイトニングでどこまでの白さを求めるかは、人により異なります。ホワイトニングも回数を繰り返すことで相当の効果が得られます。自分の求める白さ、色調を相談し納得して治療を行うことが大切です。