初めての方
専用予約
電話番号

中野の歯医者マナミ歯科クリニック

                 
  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

便宜抜歯の重要性について

2021.06.26

 

歯はかけがえのない組織なので、できるだけ保存に努めるのが原則です。重症化した虫歯でも、安易に抜歯はせず、まずは根管治療をしっかり行うことが賢明といえます。ただし、すべてにおいて歯を抜くことが悪いわけではありません。矯正治療における便宜抜歯(べんぎばっし)は、虫歯治療や歯周病における抜歯とは切り離して考える必要があります。

 

便宜抜歯は、文字通り便宜的に歯を抜くことであり、その背景には正当な理由が存在しています。歯列不正や不正咬合の多くは、スペース不足が原因となっており、いかにして足りないスペースを作るかが、大きな課題となります。そのためにスペースを作る他の抜歯、便宜抜歯が必要になることがあります。

 

一般的なケースでは、第一小臼歯や第二小臼歯が便宜抜歯の対象となります。これらは審美性・機能性において、比較的大きな役割を持っていない歯であり、抜いた際のデメリットも最小限に抑えられます。それでも健康な歯を抜くことに抵抗がある方は、今一度、矯正の目的を再確認しましょう。

 

矯正治療は、見た目を美しくするためだけに行われるものではありません。上下の歯がしっかりとかみ合い、正常なそしゃく機能を回復させることも同じくらい重要な目的なのです。例えば、外から見える前歯の部分だけをきれいに整えるのであれば、セラミック矯正やラミネートベニアでも十分実現可能ですが、かみ合わせまで正常化するのはなかなか難しいです。

 

あるいは、絶対的なスペース不足があるにもかかわらず、非抜歯矯正に固執すれば、治療の質も大きく低下します。つまり、矯正医は、絶対的なスペース不足を改善する上で最も有効な方法が歯を抜くことである場合に限り、便宜抜歯を提案しているのです。

 

 

このように、矯正治療で行われる便宜抜歯は、一般歯科治療で行う、虫歯などで保存が不可能になったために行う抜歯とは異なる面があります。あくまで口の健康や審美性を向上させるために行う歯科処置なのです。