初めての方
専用予約
電話番号

マナミ歯科クリニック

                 
  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

入れ歯が痛い

2019.05.23

入れ歯の痛みの原因は噛み合せが合わないなどの理由がある

入れ歯は失った歯の代わりに噛む力を提供します。その入れ歯が痛むと噛むこと、つまり食べることそのものが辛くなります。入れ歯が痛くなる原因は大きく分けて、噛み合わせに問題がある場合、入れ歯内面の当たりが強い場合、入れ歯の元々合っていないことの3つが考えられます。

最初の2つの場合は歯科医院で入れ歯の調整を行うことで改善できますが、入れ歯を作ってから年数を経ていると、入れ歯そのものが劣化してしまったり、口の中の環境が大きく変わってしまっている場合があります。また、小さな部分入れ歯でなく、総入れ歯や大きな入れ歯は、改めて作り直すこと必要になることもあります。

口に合った入れ歯は食生活を楽しくする


健康保険で作成した入れ歯も口に合っていれば、快適に使用することはできます。部分入れもカバーする本数が増え、大きな入れ歯になると、金属を多く使う強固な入れ歯や特殊なプラスチックを使うことで金具が目立ちにくい入れ歯を保険外で作成することで、より高いレベルの快適性・審美性・噛み心地を得ることができます。

また保険外の強固な入れ歯を使う場合はそれだけでなく、入れ歯自体も長く使うことが可能ですし、入れ歯を支える歯の負担も最小限に抑えることができるため、他の歯を守ることにも繋がります。ただ、入れ歯は慣れるのに時間がかかることもあるので、まず健康保険で入れ歯を作り、入れ歯に慣れ、口にあった入れ歯の設計の目標がはっきりしてから、保険外の入れ歯を作るという段階を踏む方法もあります。

入れ歯の痛みを我慢することは、食生活の楽しみ大きく損ないます。また、入れ歯の設計と作成は時間をかけて少しづつ改善することが可能です。入れ歯が痛んだ時には信頼できる歯科医にご相談ください。