マナミ歯科

  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

口元から始めるアンチエイジング

2019.08.13

ヒアルロン注射はメスを入れずにシワを取る


シワは年齢を重ねると現われる肌にできた溝です。そして最初は小さな溝でも時とともに次第に深くなります。その中でも顔にできるシワは目立ちます。顔を見ると年齢がおおよそ想像できますし。若く見えるかどうかは顔のシワの多い少ないで決まってしまいます。

シワの原因は加齢だけではありません。顔のシワは紫外線を浴びることでもできます。また、笑ったり物を噛んだりすることでもできます。笑顔は大切ですがシワを作るという意味では好ましくありません。法令線や目尻のシワは笑顔を繰り返すことで深くなってしまいます。

口元のシワは笑顔だけではなく、歯を失って現れることもあります。入れ歯を外して梅干しのような顔になってしまうだけでなく、前歯を何本か失うと口元の張りがなくなって、老け顔になってしまいます。

顔はいつも人目にさらされています。人は顔で年齢を判断しますし、顔の老けメイクは若い俳優を老人に見せることもできます。口元の法令線のようなシワを減らすことができれば、年齢的な印象は大きく変わります。

その口元のシワをヒアルロン酸注射はメスを使わずに素早く取り除くことができます。ヒアルロン酸は体内に広く分布していて、皮膚や軟骨、眼球などで重要な役割を持つ物質です。

ヒアルロン酸でほうれい線を目立たなくした例(左が術前)


ヒアルロン酸の大きな特徴に驚異的な保水力があります。1gのヒアルロン酸は6リットルもの水分を保持することができます。この保水力は肌をみずみずしく保つ働きをしていますが、皮膚のヒアルロン酸は加齢と紫外線によって失われていきます。表皮のヒアルロン酸の量は75歳には20歳の頃の25%にまで低下すると言われています。

ヒアルロン酸は唇や目尻のシワを取る目的で美容分野で使用が行われていますが、液分の注入で肌の張りを取り戻すだけでなく、保湿力を回復されせることで肌の若返りを行う働きがあります。また、ヒアルロン酸の優れた性質に高い安全性があります。ヒアルロン酸はアレルギーのような生体反応を引き起こすことが少なく、美容目的で使用するには大変有用です。

ヒアルロン酸は注射だけでなく、経口摂取やパッチを貼り付ける用法もありますが、ピンポイントで短時間に効果を得るにはやはり注射で直接必要な箇所へ注入することがより確実です。ヒアルロン酸注射は手軽で短期間にはっきりした結果を得ることができる、口元からのアンチエイジングへの選択肢と言うことができるでしょう。