初めての方
専用予約
電話番号

中野の歯医者マナミ歯科クリニック

                 
  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

失活歯のホワイトニングの種類

2022.07.30
白い歯はを求める人は増えている

 

一般的なホワイトニングは、歯の神経が生きている「生活歯(せいかつし)」が対象となります。いわゆる「オフィスホワイトニング」や「ホームホワイトニング」で歯を白くする方法で、漂白効果のある薬剤は歯の表側から作用させます。これを専門的には「バイタルブリーチ」といい、気軽に受けられる審美治療としても有名です。

 

そこで気になるのが「失活歯(しっかつし)」の歯の黒ずみの改善方法です。神経が死んでしまっている歯にバイタルブリーチは適応できませんが、特別なホワイトニング法が用意されています。それは「ウォーキングブリーチ」と「インターナルブリーチ」です。

 

失活歯に対しては、歯の中から漂白するホワイトニング法が適応されます。ウォーキングブリーチはその名の通り“歩きながら漂白する”方法で、歯の中にホワイトニング剤を入れた状態で日常生活を送っていただきます。

 

インターナルブリーチも歯の中にホワイトニング剤を設置するのですが、作用させるのは歯科医院の中だけです。この点はオフィスホワイトニングと同じですね。一定時間経過後、歯の中から薬剤を取り出して、施術完了となります。

 

このように、失活歯のホワイトニングにも2つの種類が存在しています。それぞれで使用する薬剤には成分の違いがあり、ホワイトニング剤を作用させる時間も大きく異なることから、歯が白くなる効果も変わる点にご注意ください。

 

ちなみに、失活歯に標準的なホワイトニングを適応できないのは、変色の主な原因が歯の中にあるからです。失活によって分解された歯髄や血液の細胞などが歯の内側の壁に沈着して黒ずみを形成します。そうした汚れは表側から漂白しても、適切な効果を得ることができないため、特別なホワイトニング法が必要となるのです。