初めての方
専用予約
電話番号

中野の歯医者マナミ歯科クリニック

                 
  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

矯正すると顔つきや表情は変わる?

2022.07.11

 

矯正治療に対しては、歯並びだけでなく、顔の輪郭や顔つき、表情、フェイスラインの改善まで希望される方は少なくありません。その一方で、歯列矯正は、歯の傾きや位置を整える治療なので、そこまでの結果は望めないと初めから諦めている方もいらっしゃいます。

 

結論からいうと、矯正によって顔つきや表情が変わるかはケースバイケースです。歯並び・噛み合わせの異常が顔つきなどと直接的に関連している場合は、矯正治療後に大きな改善が見込めることもあります。例えば、出っ歯の治療を行って、口元の突出感がなくなると、それだけ口元の印象は大きく変わります。

 

実際、矯正は治療計画を立てる上で「E(エステティック)ライン」を改善させることを念頭に置いており、治療が予定通りに進めば横顔が美しくなることでしょう。また、噛み合わせが正常化されることで、口周りの筋肉も効率良く使えるようになり、顔の輪郭や表情が良くなることもあります。上下の噛み合わせ左右に大きくズレているようなケースであれば、左右非対称の顔つきに悩まされていることかと思いますが、矯正によって左右を対称にすることも可能です。

 

また、矯正治療は、将来的に歯を失うリスクを下げることにも寄与します。それは清掃性の向上によって虫歯・歯周病のリスクが低下すると同時に、噛み合わせの正常化によって歯や顎の骨に過剰な負担がかからなくなるからです。その結果、歯を失うことによる顔貌の変化を回避することにもつながるといえます。

 

 

歯を失うと噛み合わせが深くなり、口元にしわが寄りやすくなります。お口周りの筋肉も衰え、老人様顔貌と呼ばれる顔つきになっていくことから、矯正によって歯並び・噛み合わせを正常にすることは、顔や口元の老化を防ぐことにも寄与するのです。

 

矯正治療は美容整形ではないので、顔つきや表情を直接、改善することは難しいですが、歯並び・噛み合わせが良くなることに伴って、自然とフェイスライン等も美しくなることも副次的なメリットとして考えられます。