初めての方
専用予約
電話番号

中野の歯医者マナミ歯科クリニック

                 
  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

自費治療のダイレクトボンディング

2022.07.07

 

歯科治療では、CR(コンポジットレジン)と呼ばれるプラスチック材料をさまざまな場面で用います。虫歯によって生じた穴をCR充填するのが最もわかりやすいケースで、過去にそのような処置を受けた経験がある方も多いでしょう。このCRを使って歯の修復をすることを「ダイレクトボンディング」と呼ぶことがあります。

 

 

ダイレクトというのは一般的な詰め物・被せ物は歯の型取りを行って模型上で修復物を製作するのに対して、CRは歯に直接、装着することが可能だからです。ダイレクトボンディングでは、歯の形が少しいびつであっても無理に削る必要はありません。柔軟性のあるCRなら便宜的に歯を削らなくても上手く適合させることができます。また、歯に直接、装着する処置であるため、接着剤の層も可及的に薄くすることが可能となっています。

 

 

さらに、自費治療のダイレクトボンディングでは、修復処置の際にラバーダム防湿が行えることから、虫歯の再発リスクが大きく抑えられます。また、色調の選択肢も豊富であり、患者様ご自身の歯に限りなく近い状態まで回復させることが可能です。

 

また、自費治療であれば診療に十分な時間をさけると同時に、マイクロスコープを活用した精密な修復処置を実現できます。とくに前歯の修復治療では、自費治療のダイレクトボンディングが大きな力を発揮することでしょう。

 

ダイレクトボンディングは歯の切削量を最小限に抑えられ、治療期間が短く、心身にかかる負担も軽減できる治療法です。自費治療のダイレクトボンディングであれば、修復物の審美性や機能性を最大限まで追求でき、虫歯の再発リスクも抑えられますので、歯の詰め物を自然な色にしたいという方には、強く推奨できます。