医院ブログ

キービジュアル

2024.02.09

口の中が痛い原因と対処法

  痛みは、身体からのSOSです。とくに口の中が痛い場合は、ほぼ間違いなく口腔内に何らかの異常が生じています。そんな時はまず患部を鏡で観察した上で、直近の行動を振り返ってみまし…

2023.03.04

歯の神経を抜くのはどんな時?

  歯科では「神経を抜く」という特殊な処置を日常的に行っています。神経は冷たさや熱さ、圧力などを感じ取る極めて敏感な組織であり、それを抜いても大丈夫なのか心配になる方も多いこと…

2022.03.12

静脈内鎮静麻酔で集中治療

鎮静内鎮静は静脈から鎮静作用のある麻酔を注入することで鎮静作用を得るものです。完全麻酔と違って意識を失うことはなく、受け応えもできるのですが、半分寝ているような「ウトウトした」状態に入ります(全身麻…

2022.02.18

マイクロスコープから見えるもの

[caption id="attachment_1264" align="alignleft" width="300"] マイクロスクープは歯科治療を変えた[/caption] マイクロスコープ、歯…

2021.01.07

麻酔処置の痛みを軽減する方法

歯科治療では、いろいろな場面で麻酔処置を施します。とくに局所麻酔を行う頻度は高く、施術に伴う痛みを苦手としている人は多いことでしょう。歯茎に直接、麻酔針を刺すのですから、痛みや不快感が生じるのも当然で…

2020.09.24

抜歯を回避できる歯根端切除術

重症化した虫歯で必要となる根管治療は、比較的成功率の低い歯科処置といえます。治療が終わったと思ったら、再び歯の根の先に膿の塊ができてしまった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「再根…

2020.08.01

歯医者はミラーで何を見ているか

普段口の中をじっくり見る機会はありますか?一日3回歯を磨く人でも、あまり口の中を見ることは少ないのではないでしょうか。口の中を見るだけでも実に多くの事が分かります。歯医者はレントゲン、CT、マイク…

2020.07.23

歯の神経を残すための「歯髄保存療法」

歯の神経や血管で構成されている「歯髄(しずい)」は、可能であれば保存が望ましいと考えられます。なぜなら、歯髄は外からの刺激を受容や第二象牙質の形成、免疫機能の発現などを担っているからです。そのため…

2020.07.11

TCHの原因と改善方法について

私たちの歯は、上下で緊密にかみ合うように並んでいますが、歯と歯が接触している時間は、極めて短いことをご存知でしょうか?具体的には、1日に20分程度しか歯と歯は接触していないと言われています。そして…

2020.06.19

虫歯で歯の神経を取る理由とは

虫歯が進行すると、歯の神経を抜く「抜髄(ばつずい)」という処置が必要となります。とくに大きな病気などにかかったことがない人は、神経を抜く、あるいは神経を殺すという処置とは無縁なので、抜髄することに…

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

中野駅南口から徒歩5分

03-5385-0977

診療時間

月~金10:00~21:00(最終受付 20:30)
土・日10:00~13:30
15:00~19:00(最終受付 18:30)

※ 土日のみ休診時間有り(13:30〜15:00)
※ 祝日は休診

このページの先頭に戻る