初めての方
専用予約
電話番号

中野の歯医者マナミ歯科クリニック

                 
  • 初めての方専用予約TEL
  • CONTACT
  • 中文

ブログ

HOME > ブログ

マウスウォッシュにはデメリットもある?

2022.04.08

 

口腔ケアに余念がない人は、歯ブラシによるブラッシングやデンタルフロスによるフロッシングに加え、マウスウォッシュも活用していることかと思います。それは口腔衛生状態を良好に保つ上でとても有益なことなのですが、マウスウォッシュを“使いすぎる”とデメリットを伴うこともありますので注がが必要です。

 

エタノールが含まれているマウスウォッシュは、高い殺菌作用が期待できると同時に、口腔内の乾燥を引き起こしやすいです。実際、マウスウォッシュを使ったあとは唾液の減少を感じることが多いことでしょう。これは揮発性の高いアルコールによる作用です。

 

次に、マウスウォッシュを使いすぎることによって、口内環境が変化する点にも注意しなければなりません。皆さんもご存知のように、口の中には虫歯菌や歯周病菌のような悪玉菌だけでなく、口内環境を整えてくれる善玉菌も生息しています。過剰なマウスウォッシュによってそれらを一掃してしまうと、口内細菌叢が変化する恐れがあるのです。その結果、口内炎ができやすくなったりすることもあります。

 

 

 

マウスウォッシュの効果を過信して、歯磨きをしなくなる方もいますが、それは本末転倒です。マウスウォッシュはあくまで補助的な口腔ケアであり、歯ブラシによるブラッシングが基本となります。そもそもマウスウォッシュでは、歯の表面に形成された歯垢は取り除けません。うがいをした直後は歯面がツルツルになって、爽快感を得られますが汚れは依然として残っていますのでしっかり歯磨きしましょう。

 

マウスウォッシュを使いすぎたり、その効果を過信したりすると、思わぬトラブルに見舞われることがあります。それは液体歯磨き粉であるデンタルリンスも同じです。口腔ケアグッズはそれぞれで特徴が異なり、正しい方法で使わなければ適切な効果が得られません。気になることがあれば歯科医院で歯科衛生士の指導を受けることも、効果的なマウスウォッシュには大切です。