医院ブログ

キービジュアル

歯科用CTの被曝量

2021年8月14日


 
CTはレントゲン撮影では得られない3次元的な情報を取得できます。これは輪切りをするように、多数のレントゲン画像をコンピュータで3次元情報に合成するからです。このため多数のレントゲン画像を撮影することになり、CTの放射線被曝量はレントゲン撮影より多くなります。
 
レントゲン撮影で、特定の歯だけを撮影する「デンタルX線撮影」は、被曝量が0.01ミリシーベルト程度となっています。また、上下の歯列全体を写す「パノラマX線撮影」では、0.015ミリシーベルト程度です。
 
これに対し、歯科用CTの被曝量は0.15ミリシーベルト程度で、パノラマX線撮影と比較するとその値は約10倍となります。しかし、元々比較の対象となる歯科用レントゲンの被曝量は、より広範囲の撮影を行う医科用のレントゲンと比べてわずかです。例えば胸部のレントゲン撮影の被曝量は0.5ミリシーベルトと歯科用CTの約3倍です。さらに、頭部のCT撮影では、1回あたり2.00ミリシーベルトの被曝を伴います。
 
私たち日本に住んでいる人間が、1年間で受ける自然放射線被曝量は2.10ミリシーベルトです。自然放射線被曝量は、誰もが受けているもので、その程度の被曝は健康に有害とは考えられていません。
 
自然放射線被曝量は地上での被曝量で、飛行機で高空を飛ぶと被曝量は大きくなります。日本とハワイを往復することで0.05ミリシーベルトと胸部レントゲン現撮影と同じくらいの被曝をします。
 

日本とハワイの往復で歯科用CTの3倍の被曝をする


 
歯科用CTがこれほど被曝が少ないのはコーンビームと言って、一つの発光源から円錐状にX線を照射して、多数のレントゲン画像を撮影しているからです。これに対し、医科用のCTは、ファンビームと言って複数の発光源からX線をいくつも並行に照射するため、被曝量は多くなり、5ー30ミリシーベルトに達します。
 

 
ただ、少ないとは言っても妊娠中など、放射線の被曝はできるだけ避けたい場合はあります。CT撮影はインプラントや、親知らずの抜歯には、今ではほとんど必須のものとなっています。それらの治療は計画的に行うことが勧められます。
 
 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

中野駅南口から徒歩5分

03-5385-0977

診療時間

月~金10:00~21:00(最終受付 20:30)
土・日10:00~13:30
15:00~19:00(最終受付 18:30)

※ 土日のみ休診時間有り(13:30〜15:00)
※ 祝日は休診

このページの先頭に戻る